新しい移動度制御手法に基づくキャピラリー電気泳動分離に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 金田, 隆 カネタ, タカシ

書誌事項

タイトル

新しい移動度制御手法に基づくキャピラリー電気泳動分離に関する研究

著者名

金田, 隆

著者別名

カネタ, タカシ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第2982号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第2章 キャピラリー電気泳動法概説 / p6 (0008.jp2)
  4. 2.1 等速電気泳動法 / p6 (0008.jp2)
  5. 2.2 キャピラリーゾーン電気泳動法 / p10 (0010.jp2)
  6. 2.3 ミセル動電クロマトグラフィー / p14 (0012.jp2)
  7. 第3章 シアン化物イオンをターミナルイオンとして用いる金属シアノ錯体の分離 / p20 (0015.jp2)
  8. 3.1 緒言 / p20 (0015.jp2)
  9. 3.2 重金属シアノ錯体の分離 / p21 (0015.jp2)
  10. 3.3 貴金属シアノ錯体の分離 / p29 (0019.jp2)
  11. 3.4 まとめ / p39 (0024.jp2)
  12. 第4章 ホウ酸イオンをターミナルイオンとして用いるカテコール誘導体の分離 / p41 (0025.jp2)
  13. 4.1 緒言 / p41 (0025.jp2)
  14. 4.2 実験 / p42 (0026.jp2)
  15. 4.3 pH中性領域での泳動 / p42 (0026.jp2)
  16. 4.4 ゲルマニウム錯体としての泳動 / p50 (0030.jp2)
  17. 4.5 ホウ酸錯体としての泳動挙動 / p50 (0030.jp2)
  18. 4.6 まとめ / p55 (0032.jp2)
  19. 第5章 ホウ酸との錯形成による移動度制御と陽イオン界面活性剤による電気浸透流制御に基づくカテコールアミンの分離能改善 / p57 (0033.jp2)
  20. 5.1 緒言 / p57 (0033.jp2)
  21. 5.2 実験 / p58 (0034.jp2)
  22. 5.3 アンモニア緩衝溶液での泳動とホウ酸の添加効果 / p59 (0034.jp2)
  23. 5.4 ホウ酸緩衝溶液でのpHの影響 / p60 (0035.jp2)
  24. 5.5 電気浸透流の制御 / p65 (0037.jp2)
  25. 5.6 陽イオン界面活性剤による電気浸透流の制御 / p65 (0037.jp2)
  26. 5.7 まとめ / p70 (0040.jp2)
  27. 第6章 塩化セチルトリメチルアンモニウムを用いるミセル動電クロマトグラフィーにおける陰イオンの泳動挙動 / p72 (0041.jp2)
  28. 6.1 緒言 / p72 (0041.jp2)
  29. 6.2 理論 / p73 (0041.jp2)
  30. 6.3 無機陰イオンの泳動挙動 / p76 (0043.jp2)
  31. 6.4 フェニルカルボン酸の泳動挙動 / p87 (0048.jp2)
  32. 6.5 まとめ / p103 (0056.jp2)
  33. 第7章 ドデシル硫酸ナトリウムミセルを用いるミセルクロマトグラフィーにおけるグルコースの添加効果 / p105 (0057.jp2)
  34. 7.1 緒言 / p105 (0057.jp2)
  35. 7.2 実験 / p106 (0058.jp2)
  36. 7.3 ヌクレオシドの分離における添加剤の効果 / p106 (0058.jp2)
  37. 7.4 グルコース添加による電気浸透流,及び電気泳動移動度の変化 / p110 (0060.jp2)
  38. 7.5 臨界ミセル濃度 / p110 (0060.jp2)
  39. 7.6 グルコース添加の分配係数への影響 / p113 (0061.jp2)
  40. 7.7 グルコース添加による分離能の変化 / p115 (0062.jp2)
  41. 7.8 まとめ / p118 (0064.jp2)
  42. 第8章 総括 / p120 (0065.jp2)
  43. Capillary tube isotachophoretic separation of heavy metal ions using complex-forming equilibria between cyanide as terminating ion and the metal ions / (0074.jp2)
  44. Capillary Isotachophoretic Separation of Catechol and Its Derivatives Using the Reaction with Terminating Ion / p217 (0079.jp2)
  45. Isotachophoretic separation of cyano complexes of noble metals using ion-pairing equilibrium in water-acetonitrile solvent / (0082.jp2)
  46. ISOTACHOPHORETIC SEPARATION AND BEHAVIOUR OF CATECHOL DHRIVATIVES / (0088.jp2)
  47. Separation of Catecholamines by Capillary Zone Electrophoresis Using Complexation with Boric Acid / p467 (0095.jp2)
  48. Capillary tube isotachophoretic separation of niacin derivatives / p158 (0098.jp2)
  49. Improvement of resolution in the capillary electrophoretic separation of catecholamines by complex formation with boric acid and control of electroosmosis with a cationic surfactant / (0104.jp2)
  50. Capillary tube isotachophoretic separation of lanthanide complexes using polyaminocarboxylic acid as terminating ion / (0111.jp2)
  51. High-Performance Separation by Capillary Tube Isotachophoresis Utilizing Complex-Forming Equilibria / p673 (0116.jp2)
  52. Capillary tube isotachophoretic separation of catecholamines using cyclodextrin in the leading electrolyte / p364 (0122.jp2)
  53. Migration Behavior of Inorganic Anions in Micellar Electrokinetic Capillary Chromatography Using Cationic Surfactant / (0127.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085218
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085432
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249532
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ