回帰的最小2乗法のアルゴリズムの高度化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大鎌, 広 オオカマ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

回帰的最小2乗法のアルゴリズムの高度化に関する研究

著者名

大鎌, 広

著者別名

オオカマ, ヒロシ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第3051号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 表記 / p8 (0010.jp2)
  3. 1 緒論 / p1 (0012.jp2)
  4. 2 最小2乗法のアルゴリズム / p6 (0017.jp2)
  5. 2.1 まえがき / p6 (0017.jp2)
  6. 2.2 適応アルゴリズムの形式 / p6 (0017.jp2)
  7. 2.3 最小2乗平均誤差基準と最小2乗法の評価関数 / p7 (0018.jp2)
  8. 2.4 RLSの定式化 / p14 (0025.jp2)
  9. 2.5 カルマンフィルタ型RLS / p17 (0028.jp2)
  10. 2.6 Agee-TurnerのUD分解更新定理とRLS / p20 (0031.jp2)
  11. 2.7 QR分解によるRLS / p22 (0033.jp2)
  12. 2.8 Agee-TurnerのUD分解更新定理とGivens変換によるQR分解 / p36 (0047.jp2)
  13. 2.9 あとがき / p37 (0048.jp2)
  14. 3 適応信号処理向きの並列処理法 / p39 (0050.jp2)
  15. 3.1 まえがき / p39 (0050.jp2)
  16. 3.2 離散時間の適応信号処理と並列処理 / p39 (0050.jp2)
  17. 3.3 シストリックアレー / p40 (0051.jp2)
  18. 3.4 あとがき / p45 (0056.jp2)
  19. 4 三角シストリックアレーによるRLSの並列処理 / p46 (0057.jp2)
  20. 4.1 まえがき / p46 (0057.jp2)
  21. 4.2 最小2乗法とRLS / p48 (0059.jp2)
  22. 4.3 並列処理向きRLS / p50 (0061.jp2)
  23. 4.4 並列構成 / p54 (0065.jp2)
  24. 4.5 あとがき / p61 (0072.jp2)
  25. 5 1次元シストリックアレーによるRLSの並列処理 / p62 (0073.jp2)
  26. 5.1 まえがき / p62 (0073.jp2)
  27. 5.2 アルゴリズム / p63 (0074.jp2)
  28. 5.3 並列アーキテクチャ / p70 (0081.jp2)
  29. 5.4 拡大最小2乗法(ELS)への応用 / p76 (0087.jp2)
  30. 5.5 あとがき / p81 (0092.jp2)
  31. 6 方形窓つきRLSの並列処理アーキテクチャ / p82 (0093.jp2)
  32. 6.1 まえがき / p82 (0093.jp2)
  33. 6.2 RLSの窓 / p83 (0094.jp2)
  34. 6.3 アルゴリズムの導出 / p84 (0095.jp2)
  35. 6.4 並列アーキテクチャ / p90 (0101.jp2)
  36. 6.5 あとがき / p97 (0108.jp2)
  37. 7 推定値としての集合 / p98 (0109.jp2)
  38. 7.1 まえがき / p98 (0109.jp2)
  39. 7.2 真の係数が存在すべき集合 / p99 (0110.jp2)
  40. 7.3 推定楕円 / p103 (0114.jp2)
  41. 7.4 残差パワの誤差の最大値 / p106 (0117.jp2)
  42. 7.5 2次の場合の数値実験 / p108 (0119.jp2)
  43. 7.6 あとがき / p110 (0121.jp2)
  44. 8 事前情報と推定楕円によるARMAモデルの推定法 / p111 (0122.jp2)
  45. 8.1 まえがき / p111 (0122.jp2)
  46. 8.2 事前情報について / p112 (0123.jp2)
  47. 8.3 事前情報利用のアルゴリズムの定式化 / p112 (0123.jp2)
  48. 8.4 使用する距離尺度について / p113 (0124.jp2)
  49. 8.5 事前情報利用のアルゴリズム / p115 (0126.jp2)
  50. 8.6 アルゴリズムの実際 / p116 (0127.jp2)
  51. 8.7 数値実験例 / p118 (0129.jp2)
  52. 8.8 あとがき / p121 (0132.jp2)
  53. 9 結論 / p127 (0138.jp2)
  54. 付録 / p130 (0141.jp2)
  55. A 逆行列の補助定理 / p130 (0141.jp2)
  56. B Agee-TurnerのUD分解更新定理の導出 / p131 (0142.jp2)
  57. C 式(7.26)の導出 / p134 (0145.jp2)
  58. D 式(8.17)の導出 / p135 (0146.jp2)
  59. 謝辞 / p136 (0147.jp2)
  60. 文献 / p138 (0149.jp2)
  61. 著者の発表論文 / p144 (0155.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085287
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085501
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249601
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ