音声情報処理における適応ARMA分析手法の応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 廣重, 真人 ヒロシゲ, マコト

書誌事項

タイトル

音声情報処理における適応ARMA分析手法の応用に関する研究

著者名

廣重, 真人

著者別名

ヒロシゲ, マコト

学位授与大学

北海道大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第3054号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

iv, 203p.

Hokkaido University (北海道大学). 博士(工学)

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 緒論 / p2 (0008.jp2)
  3. I 音声の分析と認識 / p10 (0016.jp2)
  4. 2 適応信号処理手法 / p11 (0017.jp2)
  5. 2.1 トランスヴァーサル型ARMAスペクトル推定アルゴリズム / p11 (0017.jp2)
  6. 2.2 ARMAラティスモデル / p16 (0022.jp2)
  7. 3 有声音声の直接的分析手法 / p32 (0038.jp2)
  8. 3.1 まえがき / p32 (0038.jp2)
  9. 3.2 直接的分析手法のアルゴリズム / p33 (0039.jp2)
  10. 3.3 モデル実験 / p36 (0042.jp2)
  11. 4 重み付きRLS法におけるλの周波数特性 / p40 (0046.jp2)
  12. 4.1 まえがき / p40 (0046.jp2)
  13. 4.2 λの周波数特性 / p41 (0047.jp2)
  14. 5 重み付きRLS法におけるスペクトル選択 / p48 (0054.jp2)
  15. 5.1 スペクトル選択の必要性 / p48 (0054.jp2)
  16. 5.2 スペクトル選択手法 / p49 (0055.jp2)
  17. 5.3 選択実験結果 / p59 (0065.jp2)
  18. 6 無声音声と有声音声の分離 / p66 (0072.jp2)
  19. 6.1 分離の必要性 / p66 (0072.jp2)
  20. 6.2 分離アルゴリズム / p68 (0074.jp2)
  21. 6.3 分離実験結果 / p79 (0085.jp2)
  22. 7 アルゴリズム選択型分析システム / p84 (0090.jp2)
  23. 7.1 システム構成 / p84 (0090.jp2)
  24. 7.2 スペクトル分析実験 / p87 (0093.jp2)
  25. 8 連続音声のセグメンテーション候補検出 / p91 (0097.jp2)
  26. 8.1 まえがき / p91 (0097.jp2)
  27. 8.2 セグメンテーションパラメータ / p93 (0099.jp2)
  28. 8.3 セグメンテーション候補検出実験 / p98 (0104.jp2)
  29. 8.4 考察 / p100 (0106.jp2)
  30. II 音声の符号化・合成 / p105 (0111.jp2)
  31. 9 音声符号化・合成システム / p106 (0112.jp2)
  32. 9.1 まえがき / p106 (0112.jp2)
  33. 9.2 音声符号化システムにおける適応ARMA分析の必要性 / p107 (0113.jp2)
  34. 9.3 音声符号化システム / p108 (0114.jp2)
  35. 9.4 符号化・合成における音質評価 / p108 (0114.jp2)
  36. 10 残差を線形量子化した符号化システム / p111 (0117.jp2)
  37. 10.1 実験システム / p111 (0117.jp2)
  38. 10.2 実験結果 / p112 (0118.jp2)
  39. 11 長期予測フィルタとCELP符号化方式 / p117 (0123.jp2)
  40. 11.1 長期予測フィルタ / p117 (0123.jp2)
  41. 11.2 聴覚重み付けフィルタ / p119 (0125.jp2)
  42. 11.3 CELP符号化方式 / p121 (0127.jp2)
  43. 11.4 ラティス係数からARMA係数への変換 / p127 (0133.jp2)
  44. 12 Open loop CELP符号化手法による実験 / p128 (0134.jp2)
  45. 12.1 都道府県名データを用いた実験 / p128 (0134.jp2)
  46. 12.2 短文データを用いた実験 / p131 (0137.jp2)
  47. 13 Closed loop CELP符号化手法による実験 / p140 (0146.jp2)
  48. 13.1 短文データを用いた実験 / p140 (0146.jp2)
  49. 13.2 CD-ROMデータを用いた実験 / p159 (0165.jp2)
  50. 14 フォルマント情報を利用したCELP符号化システム / p169 (0175.jp2)
  51. 14.1 まえがき / p169 (0175.jp2)
  52. 14.2 フォルマント抽出法 / p170 (0176.jp2)
  53. 14.3 符号化・合成実験 / p171 (0177.jp2)
  54. 15 結論 / p182 (0188.jp2)
  55. 謝辞 / p190 (0196.jp2)
  56. 参考文献 / p192 (0198.jp2)
  57. 著者の発表論文 / p201 (0207.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085290
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085504
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000249604
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ