牛乳・乳製品の需給調整計画に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 伊藤, 房雄, 1958- イトウ, フサオ

書誌事項

タイトル

牛乳・乳製品の需給調整計画に関する研究

著者名

伊藤, 房雄, 1958-

著者別名

イトウ, フサオ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

甲第3065号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 課題設定 / p1 (0007.jp2)
  3. 第1節 研究課題 / p1 (0007.jp2)
  4. 第2節 需給調整の意義 / p4 (0010.jp2)
  5. 第3節 牛乳・乳製品の商品特性と分析視点 / p6 (0012.jp2)
  6. 第4節 先進諸国の酪農需給調整計画 / p11 (0017.jp2)
  7. 1.アメリカの需給調整計画 / p11 (0017.jp2)
  8. 2.イギリス・ECの需給調整計画 / p16 (0022.jp2)
  9. 3.カナダの需給調整計画 / p19 (0025.jp2)
  10. 脚注 / p23 (0029.jp2)
  11. 第2章 わが国における生乳需給の実態と問題点 / p25 (0031.jp2)
  12. 第1節 不足払い法以前の生乳市場と畜産物価硝安定法 / p25 (0031.jp2)
  13. 第2節 不足払い法の需給調整メカニズムとその限界 / p32 (0038.jp2)
  14. 第3節 生乳の広域流通と都府県対北海道の対立 / p41 (0047.jp2)
  15. 第4節 過剰生産に対する乳業メーカーの対応 / p45 (0051.jp2)
  16. 第5節 計画生産下における生乳の需給調整 / p54 (0060.jp2)
  17. 脚注 / p64 (0070.jp2)
  18. 第3章 Dairy Industry Modelの計測と結果 / p66 (0072.jp2)
  19. 第1節 モデルの理論的フレームワーク / p66 (0072.jp2)
  20. 第2節 計測式の特定化とデータ / p76 (0082.jp2)
  21. 1.計測式の特定化 / p76 (0082.jp2)
  22. 2.データ / p79 (0085.jp2)
  23. 第3節 計測結果 / p81 (0087.jp2)
  24. 第4節 考察 / p85 (0091.jp2)
  25. 脚注 / p89 (0095.jp2)
  26. 第4章 生乳の地域間需給調整 / p91 (0097.jp2)
  27. 第1節 分析モデル / p91 (0097.jp2)
  28. 第2節 計測の前提条件 / p94 (0100.jp2)
  29. 1.地域分類と分析対象期間 / p94 (0100.jp2)
  30. 2.地域別生乳供給関数の推計 / p95 (0101.jp2)
  31. 3.地域別生乳需要曲線の設定 / p99 (0105.jp2)
  32. 4.地域間単位輸送費の推計 / p101 (0107.jp2)
  33. 第3節 計測結果 / p104 (0110.jp2)
  34. 第4節 考察 / p107 (0113.jp2)
  35. 脚注 / p110 (0116.jp2)
  36. 第5章 要約と結論 / p112 (0118.jp2)
  37. 補論 飲用乳需要の要因分析 / p119 (0125.jp2)
  38. 参考文献 / p141 (0147.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085301
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000978963
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249615
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ