強心作用および徐脈作用を有するImidazo[1,2-a]pyridine誘導体の合成と構造活性相関に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山中, 基資 ヤマナカ, モトスケ

書誌事項

タイトル

強心作用および徐脈作用を有するImidazo[1,2-a]pyridine誘導体の合成と構造活性相関に関する研究

著者名

山中, 基資

著者別名

ヤマナカ, モトスケ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第4053号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 第1章 強心作用を有するImidazo〔1,2-a〕pyridine誘導体の合成 / p9 (0015.jp2)
  4. 第1節 リードジェネレーション / p9 (0015.jp2)
  5. 第2節 5-(Imidazo〔1,2-a〕pyridinyl)-2(1H)-pyridinoneの位置異性体および周辺誘導体の合成 / p11 (0017.jp2)
  6. 第1項 2位異性体の合成 / p11 (0017.jp2)
  7. 第2項 6位異性体の合成 / p16 (0022.jp2)
  8. 第3項 3, 7および8位異性体の合成 / p21 (0027.jp2)
  9. 第4項 E-1020周辺誘導体の合成 / p24 (0030.jp2)
  10. 第5項 Pyridazinone誘導体の合成 / p29 (0035.jp2)
  11. 第6項 Methylsulfinylphenyl誘導体の合成 / p31 (0037.jp2)
  12. 第3節 代謝物の合成とImidazo[1,2-a]pyridine環の中性条件下でのオゾン酸化 / p32 (0038.jp2)
  13. 第4節 6-Acetonylimidazo[1,2-a]pyridine合成の別ルートの検討とE-1020の大量合成 / p36 (0042.jp2)
  14. 第1項 6-Acetonylimidazo[1,2-a]pyridine合成の別ルートの検討 / p36 (0042.jp2)
  15. 第2項 E-1020の大量合成 / p39 (0045.jp2)
  16. 第2章 構造活性相関とE-1020の作用特性 / p41 (0047.jp2)
  17. 第1節 強心作用についての構造活性相関:主に麻酔犬静脈内投与 / p41 (0047.jp2)
  18. 第1項 2位異性体の強心作用および構造活性相関 / p41 (0047.jp2)
  19. 第2項 6位異性体の強心作用および構造活性相関 / p46 (0052.jp2)
  20. 第3項 3, 7および8位異性体間の強心作用の比較 / p52 (0058.jp2)
  21. 第4項 Pyridazinone誘導体,Methylsulfinylphenyl誘導体,E-1020の代謝物およびその関連化合物の強心作用 / p53 (0059.jp2)
  22. 第5項 代表的化合物の作用持続時間の比較 / p55 (0061.jp2)
  23. 第6項 E-1020とcAMPの構造的近似性 / p56 (0062.jp2)
  24. 第2節 E-1020の作用とその特性 / p58 (0064.jp2)
  25. 第1項 覚醒犬に対する経口投与による効果 / p58 (0064.jp2)
  26. 第2項 E-1020とMilrinoneのPhosphodiesterase (PDE)IIIおよびI,II阻害作用 / p59 (0065.jp2)
  27. 第3項 E-1020の心不全モデルに対する効果 / p60 (0066.jp2)
  28. 第4項 E-1020とMilrinoneの心拍数に対する影響のin vitroにおける比較 / p62 (0068.jp2)
  29. 第3章 徐脈作用を有する5-Imidazo〔1,2-a〕pyridine誘導体の合成と構造活性相関 / p65 (0071.jp2)
  30. 第1節 徐脈作用を有する5-(Imidazo〔1,2-a〕pyridin-6-yl)pyridine誘導体の合成 / p65 (0071.jp2)
  31. 第2節 構造活性相関 / p70 (0076.jp2)
  32. 第1項 ピリジン環2位におけるO,SおよびN-アルキル置換誘導体の構造活性相関 / p70 (0076.jp2)
  33. 第2項 フェノキシ誘導体の構造活性相関とMilrinone誘導体の作用 / p72 (0078.jp2)
  34. 第3項 徐脈作用発現の機序 / p75 (0081.jp2)
  35. 結語 / p76 (0082.jp2)
  36. 実験の部 / p77 (0083.jp2)
  37. 第1章の部 / p77 (0083.jp2)
  38. 第2章の部 / p101 (0107.jp2)
  39. 第3章の部 / p102 (0108.jp2)
  40. 引用文献 / p106 (0112.jp2)
  41. 論文目録 / p110 (0116.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085369
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085583
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249683
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ