【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

アブラナ科野菜の根こぶ病抵抗性育種に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 吉川, 宏昭 ヨシカワ, ヒロアキ

書誌事項

タイトル

アブラナ科野菜の根こぶ病抵抗性育種に関する研究

著者名

吉川, 宏昭

著者別名

ヨシカワ, ヒロアキ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第4085号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0008.jp2)
  3. 第1章 根こぶ病抵抗性の早期検定法 / p1 (0015.jp2)
  4. 第1節 根こぶ病菌接種方法 / p1 (0015.jp2)
  5. 1.圃場試験 / p2 (0016.jp2)
  6. 2.施設内ポット試験 / p8 (0022.jp2)
  7. 3.考察 / p11 (0025.jp2)
  8. 第2節 病土挿入接種法と発病条件 / p12 (0026.jp2)
  9. 1.病土塊の病原菌胞子濃度、pHと発病 / p12 (0026.jp2)
  10. 2.地温、土壌水分と発病 / p14 (0028.jp2)
  11. 3.夏季の遮光処理と発病 / p18 (0032.jp2)
  12. 第3節 病土挿入接種法の簡易化 / p22 (0036.jp2)
  13. 1.病土中の粘土の有無、病土塊の挿入方向と発病 / p22 (0036.jp2)
  14. 2.円柱状病土塊に代わる病土の接種と発病 / p25 (0039.jp2)
  15. 第4節 病土挿入接種法による抵抗性検定と病菌汚染防止の検討 / p28 (0042.jp2)
  16. 1.病土挿入接種法を適用した圃場の汚染度調査 / p28 (0042.jp2)
  17. 2.現地汚染土壌の根こぶ病菌胞子濃度 / p30 (0044.jp2)
  18. 第5節 第1章における考察 / p35 (0049.jp2)
  19. 第2章 根こぶ病抵抗性育種素材の検索 / p48 (0062.jp2)
  20. 第1節 ハクサイ類(n=10群)の根こぶ病抵抗性 / p48 (0062.jp2)
  21. 1.ハクサイ品種の根こぶ病抵抗性-1 / p48 (0062.jp2)
  22. 2.ハクサイ品種の根こぶ病抵抗性-2 / p55 (0069.jp2)
  23. 3.カブ品種の根こぶ病抵抗性-1 / p59 (0073.jp2)
  24. 4.カブ品種の根こぶ病抵抗性-2 / p64 (0078.jp2)
  25. 5.中国導入品種の根こぶ病抵抗性 / p73 (0087.jp2)
  26. 6.ツケナ類品種の根こぶ病抵抗性 / p76 (0090.jp2)
  27. 7.ハクサイ・カブ品種の根こぶ病抵抗性 / p78 (0092.jp2)
  28. 8.ハクサイ・カブ市販F₁品種の根こぶ病抵抗性 / p79 (0093.jp2)
  29. 第2節 キャベツ類(n=9群)の根こぶ病抵抗性 / p85 (0099.jp2)
  30. 1.キャベツ類品種の根こぶ病抵抗性-1 / p85 (0099.jp2)
  31. 2.キャベツ類品種の根こぶ病抵抗性-2 / p88 (0102.jp2)
  32. 3.キャベツ類品種の根こぶ病抵抗性-3 / p93 (0107.jp2)
  33. 4.キャベツ市販F₁品種の根こぶ病抵抗性 / p94 (0108.jp2)
  34. 5.キャベツ類品種の根こぶ病抵抗性-4 / p100 (0114.jp2)
  35. 第3節 ダイコン類の根こぶ病抵抗性 / p101 (0115.jp2)
  36. 1.ダイコン品種の根こぶ病抵抗性 / p101 (0115.jp2)
  37. 2.ハツカダイコン品種の根こぶ病抵抗性 / p105 (0119.jp2)
  38. 第4節 その他アブラナ科野菜等の根こぶ病抵抗性 / p107 (0121.jp2)
  39. 1.カラシナ類品種の根こぶ病抵抗性 / p107 (0121.jp2)
  40. 2.ナタネ品種の根こぶ病抵抗性 / p109 (0123.jp2)
  41. 3.ハクラン系統の根こぶ病抵抗性 / p111 (0125.jp2)
  42. 4 ハクラン,Raphanobrassica,B.nigra,B.carinataおよびアブラナ科雑草の根こぶ病抵抗性 / p113 (0127.jp2)
  43. 第5節 根こぶ病抵抗性選抜素材の再検定 / p118 (0132.jp2)
  44. 第6節 第2章における考察 / p124 (0138.jp2)
  45. 第3章 根こぶ病菌のレースの分布 / p127 (0141.jp2)
  46. 第1節 Williams法による菌レースの検定 / p127 (0141.jp2)
  47. 1.1973年度の検定 / p127 (0141.jp2)
  48. 2.1974年度の検定 / p130 (0144.jp2)
  49. 3.1977年度の検定 / p133 (0147.jp2)
  50. 第2節 ECD法による菌レースの検定 / p142 (0156.jp2)
  51. 1.1977年度の検定 / p142 (0156.jp2)
  52. 第3節 第3章における考察 / p146 (0160.jp2)
  53. 第4章 根こぶ病抵抗性の遺伝 / p150 (0164.jp2)
  54. 第1節 ハクサイ類(n=10群)の根こぶ病抵抗性の遺伝 / p150 (0164.jp2)
  55. 1.F₁(ハクサイ×カブ)の根こぶ病抵抗性 / p150 (0164.jp2)
  56. 2.F₂(ハクサイ×カブ)の根こぶ病抵抗性 / p155 (0169.jp2)
  57. 3.F₃およびBC₁・F₂(ハクサイ×カブ)の根こぶ病抵抗性 / p162 (0176.jp2)
  58. 4.F₄およびB₁、B₂(ハクサイ×カブ)の根こぶ病抵抗性 / p169 (0183.jp2)
  59. 5.ハクサイ類の根こぶ病抵抗性の選抜効果 / p172 (0186.jp2)
  60. 6.カブF₁の根こぶ病抵抗性 / p174 (0188.jp2)
  61. 7.カブF₂の根こぶ病抵抗性 / p176 (0190.jp2)
  62. 8.カブF₃の根こぶ病抵抗性 / p183 (0197.jp2)
  63. 9.カブの根こぶ病抵抗性の選抜効果 / p187 (0201.jp2)
  64. 第2節 キャベツ類(n=9群)の根こぶ病抵抗性の遺伝 / p189 (0203.jp2)
  65. 1.F₁(キャベツ×キャベツ)の根こぶ病抵抗性 / p189 (0203.jp2)
  66. 2.F₂(キャベツ×ケール)の根こぶ病抵抗性 / p190 (0204.jp2)
  67. 3.F₂(キャベツ×キャベツ)の根こぶ病抵抗性 / p193 (0207.jp2)
  68. 4.F₃(キャベツ×ケール)の根こぶ病抵抗性 / p195 (0209.jp2)
  69. 5.F₂およびF₃(キャベツ×キャベツ)の根こぶ病抵抗性 / p197 (0211.jp2)
  70. 6.キャベツ類品種の根こぶ病抵抗性の選抜効果 / p198 (0212.jp2)
  71. 第3節 第4章における考察 / p201 (0215.jp2)
  72. 第5章 根こぶ病抵抗性系統の育成 / p207 (0221.jp2)
  73. 第1節 ハクサイ類(n=10群)の根こぶ病抵抗性系統の育成 / p207 (0221.jp2)
  74. 1.ハクサイ類の根こぶ病抵抗性育種(1979) / p207 (0221.jp2)
  75. 2.ハクサイ類の根こぶ病抵抗性育種(1980) / p207 (0221.jp2)
  76. 3.ハクサイ類の根こぶ病抵抗性育種(1981) / p211 (0225.jp2)
  77. 4.ハクサイ類の根こぶ病抵抗性育種(1982) / p217 (0231.jp2)
  78. 5.ハクサイ類の根こぶ病抵抗性育種(1983) / p220 (0234.jp2)
  79. 6.ハクサイ類の根こぶ病抵抗性育種(1984) / p224 (0238.jp2)
  80. 第2節 キャベツ類(n=9)の根こぶ病抵抗性系統の育成 / p227 (0241.jp2)
  81. 1.'愛知大晩生×B.72755'の系統選抜(1975) / p227 (0241.jp2)
  82. 2.'愛知大晩生×B.72755'の系統選抜(1976) / p230 (0244.jp2)
  83. 3.'愛知大晩生×B.72755'の系統選抜(1977) / p235 (0249.jp2)
  84. 4.'愛知大晩生×B.72755'の系統選抜(1978) / p240 (0254.jp2)
  85. 5.'愛知大晩生×B.72755'の系統選抜(1979) / p246 (0260.jp2)
  86. 6.1980年系統選抜 / p250 (0264.jp2)
  87. 7.1981年系統選抜 / p254 (0268.jp2)
  88. 8.1982年系統選抜 / p260 (0274.jp2)
  89. 9.1983年系統選抜 / p266 (0280.jp2)
  90. 10.1984年系統選抜 / p268 (0282.jp2)
  91. 11.1985年系統選抜 / p270 (0284.jp2)
  92. 12.1986年系統選抜 / p272 (0286.jp2)
  93. 13.1987年系統選抜 / p274 (0288.jp2)
  94. 第3節 農林登録「中間母本系統」の育成 / p276 (0290.jp2)
  95. 1.はくさい中間母本農1号(ハクサイ安濃1号) / p276 (0290.jp2)
  96. 2.はくさい中間母本農2号(ハクサイ安濃2号) / p278 (0292.jp2)
  97. 3.はくさい中間母本農3号(ハクサイ安濃3号) / p280 (0294.jp2)
  98. 4.はくさい中間母本農4号(ハクサイ安濃4号) / p282 (0296.jp2)
  99. 5.かんらん中間母本農1号(キャベツ安濃5号) / p284 (0298.jp2)
  100. 6.在来なたね中間母本農4号(ツケナ安濃1号) / p286 (0300.jp2)
  101. 7.かぶ中間母本農1号(カブ安濃1号) / p288 (0302.jp2)
  102. 第6章 本研究の応用 / p291 (0305.jp2)
  103. 第1節 水耕法による根こぶ病の検定 / p291 (0305.jp2)
  104. 1.水耕法利用の可否 / p291 (0305.jp2)
  105. 2.液肥の種類、根部の遮光処理と発病 / p294 (0308.jp2)
  106. 3.液温と発病 / p295 (0309.jp2)
  107. 4.菌液の胞子濃度と発病 / p297 (0311.jp2)
  108. 5.光質の種類、調査時期および肥料成分と発病 / p299 (0313.jp2)
  109. 6.抵抗性検定精度の検討 / p303 (0317.jp2)
  110. 7.施肥量と発病 / p304 (0318.jp2)
  111. 第2節 根こぶ病抵抗性系統の対抗植物としての利用 / p306 (0320.jp2)
  112. 1.抵抗性系統2作目の土壌中菌密度低減効果(1982年、圃場試験) / p306 (0320.jp2)
  113. 2.抵抗性系統2作目の土壌中菌密度低減効果(1982年、ハウス試験) / p310 (0324.jp2)
  114. 3.病土の菌密度検診-1 / p313 (0327.jp2)
  115. 4 抵抗性系統3作目の土壌中菌密度低減効果(1983年、圃場試験) / p318 (0332.jp2)
  116. 5 抵抗性系統3作目の土壌中菌密度低減効果(1983年、ハウス試験) / p321 (0335.jp2)
  117. 6 抵抗性系統4作目の土壌中菌密度低減効果(1984年、圃場試験) / p322 (0336.jp2)
  118. 7 病土の菌密度の検診-2 / p324 (0338.jp2)
  119. 第7章 総合考察 / p327 (0341.jp2)
  120. 第8章 摘要 / p332 (0346.jp2)
  121. 引用文献 / p343 (0357.jp2)
34アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085401
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085615
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249715
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ