乳牛資産の減価償却に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 工藤, 輝雄 クドウ, テルオ

書誌事項

タイトル

乳牛資産の減価償却に関する研究

著者名

工藤, 輝雄

著者別名

クドウ, テルオ

学位授与大学

日本大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

甲第2165号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序章 課題設定と分析視角 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1節 課題設定 / p1 (0005.jp2)
  4. 第2節 分析視角 / p6 (0010.jp2)
  5. 第3節 本論文の構成 / p9 (0013.jp2)
  6. 第1章 資産の評価理論 / p13 (0017.jp2)
  7. 第1節 資産の概念 / p13 (0017.jp2)
  8. (1)会計学上の資産概念 / p13 (0017.jp2)
  9. (2)資産の概念規定 / p14 (0018.jp2)
  10. 第2節 資産の分類 / p17 (0021.jp2)
  11. (1)流動資産と固定資産 / p17 (0021.jp2)
  12. (2)有形資産と無形資産 / p18 (0022.jp2)
  13. (3)貨幣資産と非貨幣資産 / p18 (0022.jp2)
  14. (4)企業会計原則による資産分類 / p19 (0023.jp2)
  15. 第3節 資産評価の重要性 / p20 (0024.jp2)
  16. 第4節 取得原価基準と企業会計原則 / p21 (0025.jp2)
  17. 第5節 有形固定資産の取得原価 / p23 (0027.jp2)
  18. (1)有形固定資産の意義 / p23 (0027.jp2)
  19. (2)有形固定資産の取得原価 / p25 (0029.jp2)
  20. 第6節 小括 / p29 (0033.jp2)
  21. 第2章 減価償却論 / p34 (0038.jp2)
  22. 第1節 減価償却の意義と目的 / p34 (0038.jp2)
  23. (1)減価償却の意義と目的 / p34 (0038.jp2)
  24. (2)減価償却の効果 / p37 (0041.jp2)
  25. 第2節 減価の種類とその発生原因 / p40 (0044.jp2)
  26. 第3節 減価償却の計算要因と計算方法 / p42 (0046.jp2)
  27. (1)減価償却の計算要因 / p42 (0046.jp2)
  28. (2)減価償却の計算方法 / p46 (0050.jp2)
  29. 第4節 企業会計原則と税法の減価償却 / p51 (0055.jp2)
  30. (1)企業会計原則における減価償却 / p51 (0055.jp2)
  31. (2)税法における減価償却 / p52 (0056.jp2)
  32. 第5節 乳牛に関する減価償却の問題点 / p55 (0059.jp2)
  33. 第6節 小括 / p56 (0060.jp2)
  34. 第3章 酪農経営と家畜評価 / p58 (0062.jp2)
  35. 第1節 酪農経営の推移と現状 / p58 (0062.jp2)
  36. (1)高度経済成長以前の酪農経営 / p58 (0062.jp2)
  37. (2)現状の酪農経営の動向 / p60 (0064.jp2)
  38. (3)乳牛の経済的役割の変遷 / p61 (0065.jp2)
  39. 第2節 乳牛の固定資産としての位置づけ / p65 (0069.jp2)
  40. (1)酪農経営の貸借対照表 / p65 (0069.jp2)
  41. (2)償却資産における動物資産の割合 / p67 (0071.jp2)
  42. (3)動物資産の位置づけ / p71 (0075.jp2)
  43. 第3節 家畜評価の困難性 / p73 (0077.jp2)
  44. 第4節 小括 / p75 (0079.jp2)
  45. 第4章 家畜資産の償却に関する歴史的変遷 / p77 (0081.jp2)
  46. 第1節 農家経済調査を中心とした変遷 / p78 (0082.jp2)
  47. 第2節 農家経済調査と畜産物生産費調査との関係 / p94 (0098.jp2)
  48. (1)畜産物生産費調査の変遷 / p94 (0098.jp2)
  49. (2)農家経済調査と畜産物生産費調査の問題点 / p95 (0099.jp2)
  50. 第3節 小括 / p97 (0101.jp2)
  51. 第5章 乳牛の減価償却に関する考察 / p102 (0106.jp2)
  52. 第1節 乳牛の取得原価 / p104 (0108.jp2)
  53. (1)乳牛を購入取得した場合 / p105 (0109.jp2)
  54. (2)乳牛を自家育成した場合 / p106 (0110.jp2)
  55. (3)乳牛の育成原価の問題 / p107 (0111.jp2)
  56. 第2節 乳牛の耐用年数 / p111 (0115.jp2)
  57. (1)減価償却の決定手続 / p113 (0117.jp2)
  58. (2)乳牛の耐用年数とは / p115 (0119.jp2)
  59. (3)法定耐用年数と平均耐用年数 / p118 (0122.jp2)
  60. (4)乳牛の減価要因 / p125 (0129.jp2)
  61. (5)耐用年数の推定 / p127 (0131.jp2)
  62. (6)推定残存率 / p136 (0140.jp2)
  63. 第3節 乳牛の残存価額 / p141 (0145.jp2)
  64. (1)乳牛の残存価額とは / p141 (0145.jp2)
  65. (2)基礎原価と実際残存価額との関係 / p144 (0148.jp2)
  66. 第4節 乳牛の償却方法 / p150 (0154.jp2)
  67. (1)定額法での減価償却の問題点 / p150 (0154.jp2)
  68. (2)定額法と定率法の比較検討 / p155 (0159.jp2)
  69. (3)その他の償却方法の検討 / p159 (0163.jp2)
  70. 第5節 小括 / p162 (0166.jp2)
  71. (1)耐用年数について / p162 (0166.jp2)
  72. (2)償却方法について / p164 (0168.jp2)
  73. 第6章 償却方法の変更と経営計算 / p176 (0180.jp2)
  74. 第1節 選定農家と計算条件 / p176 (0180.jp2)
  75. 第2節 経営の概略 / p177 (0181.jp2)
  76. 第3節 当期償却費の比較 / p179 (0183.jp2)
  77. 第4節 減価償却累計額の比較 / p183 (0187.jp2)
  78. 第5節 償却方法の期中売却に与える影響 / p185 (0189.jp2)
  79. 第6節 当期生産費と損益計算 / p188 (0192.jp2)
  80. 第7節 小括 / p191 (0195.jp2)
  81. 第7章 結論(要約と考察) / p193 (0197.jp2)
  82. 謝辞 / p202 (0206.jp2)
  83. 文献 / p203 (0207.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085463
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085677
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249777
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ