ポリエチレンの部分放電特性についての研究

この論文をさがす

著者

    • 早川, 朝康 ハヤカワ, トモヤス

書誌事項

タイトル

ポリエチレンの部分放電特性についての研究

著者名

早川, 朝康

著者別名

ハヤカワ, トモヤス

学位授与大学

日本大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第4300号

学位授与年月日

1992-03-16

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 本論文の目的 / p6 (0007.jp2)
  5. 1.3 電気用絶縁材料の寿命 / p8 (0008.jp2)
  6. 第2章 試料および測定装置 / p13 (0010.jp2)
  7. 2.1 試料 / p13 (0010.jp2)
  8. 2.2 測定装置 / p16 (0012.jp2)
  9. 第3章 低密度ポリエチレンフイルムの部分放電特性 / p24 (0016.jp2)
  10. 3.1 ポリエチレンの部分放電劣化 / p24 (0016.jp2)
  11. 3.2 部分放電による橋かけ / p30 (0019.jp2)
  12. 3.3 熱変形温度 / p32 (0020.jp2)
  13. 3.4 考察 / p34 (0021.jp2)
  14. 3.5 まとめ / p37 (0022.jp2)
  15. 第4章 微少な部分放電劣化検出法 / p39 (0023.jp2)
  16. 4.1 進行接触角 / p39 (0023.jp2)
  17. 4.2 染色法 / p41 (0024.jp2)
  18. 4.3 最大静止摩擦係数法(μ₅) / p44 (0026.jp2)
  19. 4.4 考察 / p48 (0028.jp2)
  20. 4.5 まとめ / p51 (0029.jp2)
  21. 第5章 表面塩素化ポリエチレンの耐部分放電特性 / p54 (0031.jp2)
  22. 5.1 塩素化ポリエチレンフィルムの作成 / p54 (0031.jp2)
  23. 5.2 塩素化ポリエチレンフィルムの性質 / p55 (0031.jp2)
  24. 5.3 耐部分放電特性 / p58 (0033.jp2)
  25. 5.4 考察 / p60 (0034.jp2)
  26. 5.5 まとめ / p63 (0035.jp2)
  27. 第6章 部分放電による表面塩素化ポリエチレンの粘弾性 / p65 (0036.jp2)
  28. 6.1 自由ねじり振動法によるtanδ温度分散 / p65 (0036.jp2)
  29. 6.2 活性化エネルギー / p68 (0038.jp2)
  30. 6.3 考察 / p69 (0038.jp2)
  31. 6.4 まとめ / p70 (0039.jp2)
  32. 第7章 結論 / p73 (0040.jp2)
  33. 研究業績 / p76 (0042.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085471
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085685
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249785
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ