光要求性Bleaching除草剤クロルフタリムの作用機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 渡辺, 博之 ワタナベ, ヒロユキ

書誌事項

タイトル

光要求性Bleaching除草剤クロルフタリムの作用機構に関する研究

著者名

渡辺, 博之

著者別名

ワタナベ, ヒロユキ

学位授与大学

玉川大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第32号

学位授与年月日

1992-03-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. <目次> / p1 (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 序論―既往研究の考察― / p4 (0009.jp2)
  4. 第2章 クロルフタリムの植物ポルフィリン代謝系に対する作用 / p17 (0022.jp2)
  5. 第1節 植物色素の生合成に対する影響 / p17 (0022.jp2)
  6. 第2節 5-アミノレブリン酸生合成に対する影響 / p23 (0028.jp2)
  7. 第3節 プロトクロロフィリド生合成に対する影響 / p34 (0039.jp2)
  8. 第4節 ポルフィリン蓄積に対する影響 / p41 (0046.jp2)
  9. 第5節 考察 / p50 (0055.jp2)
  10. 第3章 環状イミド系化合物の定量的活性-活性相関解析によるクロルフタリム第一次作用点の検討 / p53 (0058.jp2)
  11. 第1節 ブロトポルフィリノーゲンオキシダーゼ活に対する影響 / p54 (0059.jp2)
  12. 第2節 プロトポルフィリノーゲンオキシダーゼ阻害活性とプロトポルフィリンIX蓄積効果およびクロロフィル減少効果との相関 / p62 (0067.jp2)
  13. 第3節 プロトポルフィリンIXの蓄積と膜脂質の過酸化との相関 / p80 (0085.jp2)
  14. 第4節 考察 / p95 (0100.jp2)
  15. 第4章 クロルフタリム抵抗性緑藻細胞株の作出と光要求性Bleaching除草剤の交差抵抗性に関する解析 / p99 (0104.jp2)
  16. 第1節 クロルフタリム抵抗性緑藻細胞株の作出 / p102 (0107.jp2)
  17. 第2節 プロトポルフィリノーゲンオキシダーゼ阻害活性の測定 / p114 (0119.jp2)
  18. 第3節 各種光要求性Bleaching除草剤の間の交差抵抗性 / p119 (0124.jp2)
  19. 第4節 考察 / p128 (0133.jp2)
  20. 第5章 総合考察 / p135 (0140.jp2)
  21. 第1節 作用機構の全体像 / p135 (0140.jp2)
  22. 第2節 光要求性Bleaching除草剤の交差抵抗性について / p141 (0146.jp2)
  23. 参考文献 / p147 (0152.jp2)
  24. 論文要旨 / p152 (0157.jp2)
  25. 英文要約 / p160 (0165.jp2)
  26. 謝辞 / p164 (0169.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085600
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085814
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249914
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ