ラットにおける依存形成薬物の刺激特性に関する行動薬理学的研究

この論文をさがす

著者

    • 塩崎, 由直 シオザキ, ヨシナオ

書誌事項

タイトル

ラットにおける依存形成薬物の刺激特性に関する行動薬理学的研究

著者名

塩崎, 由直

著者別名

シオザキ, ヨシナオ

学位授与大学

星薬科大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第49号

学位授与年月日

1992-03-16

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0003.jp2)
  3. 第1編 近交系ラットにおけるethanol誘発睡眠作用に対する各種薬物の効果 / p8 (0007.jp2)
  4. 1-1 Ethanol誘発睡眠作用に対するプロスタグランジン合成阻害薬の効果 / p9 (0007.jp2)
  5. 1-2 Ethanol誘発睡眠作用に対するprostaglandin E₂の効果 / p11 (0008.jp2)
  6. 1-3 Indomethacin前処置後における血中ethanol濃度の経時的変化 / p19 (0012.jp2)
  7. 1-4 考察 / p21 (0013.jp2)
  8. 第2編 近交系ラットにおけるethanol弁別刺激特性に対する各種薬物の効果 / p23 (0014.jp2)
  9. 2-1 Ethanol弁別刺激効果に対するプロスタグランジン合成阻害薬の効果 / p24 (0015.jp2)
  10. 2-2 Ethanol弁別刺激効果に対するdesipramineの効果 / p36 (0021.jp2)
  11. 2-3 考察 / p38 (0022.jp2)
  12. 第3編 Conditioned place preference法を用いたラットにおけるethanol欲求効果評価法の確立ならびに5-HT₃受容体の関与 / p45 (0025.jp2)
  13. 3-1 Ethanol誘発place preferenceの確立 / p46 (0026.jp2)
  14. 3-2 Ethanol誘発place preferenceに対する5-HT₃受容体措抗薬の効果 / p55 (0030.jp2)
  15. 3-3 考察 / p59 (0032.jp2)
  16. 第4編 cocaineおよびmethamphatamine欲求効果における5-HT₃受容体およびにカルシウムチャンネルの関与 / p64 (0035.jp2)
  17. 4-1 cocaineおよびmethamphatamine誘発place preferenceに対する5-HT₃受容体桔抗薬の効果 / p65 (0035.jp2)
  18. 4-2 cocaineおよびmethamphatamine誘発place preferenceに対するカルシウム桔抗薬の効果 / p76 (0041.jp2)
  19. 4-3 考察 / p78 (0042.jp2)
  20. 第5編 cocaine欲求効果におけるオピオイド受容体の役割 / p85 (0045.jp2)
  21. 5-1 cocaine誘発place preferenceに対するbuprenorphineの効果 / p86 (0046.jp2)
  22. 5-2 cocaine誘発place preferenceに対するU-50,488Hの効果 / p90 (0048.jp2)
  23. 5-3 cocaine誘発place preferenceに対するnaltrexoneの効果 / p91 (0048.jp2)
  24. 5-4 考察 / p94 (0050.jp2)
  25. 第6編 Morphine欲求効果に対するnaloxone慢性投与の影響 / p102 (0054.jp2)
  26. 6-1 Morphine誘発place preferenceに対するnaloxone慢性投与の効果 / p102 (0054.jp2)
  27. 6-2 考察 / p105 (0055.jp2)
  28. 総括 / p111 (0058.jp2)
  29. 謝辞 / p113 (0059.jp2)
  30. 引用文献 / p114 (0060.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085604
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085818
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249918
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ