喘息および鼻炎における抗コリン薬フルトロピウムの薬理学的研究

この論文をさがす

著者

    • 水野, 博之 ミズノ, ヒロユキ

書誌事項

タイトル

喘息および鼻炎における抗コリン薬フルトロピウムの薬理学的研究

著者名

水野, 博之

著者別名

ミズノ, ヒロユキ

学位授与大学

星薬科大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第52号

学位授与年月日

1991-09-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0002.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1編 イヌの薬物誘発およびアレルギー性実験的喘息に対するflutropiuiの影響 / p10 (0009.jp2)
  4. 第1章 薬物誘発気道収縮に対する作用 / p12 (0010.jp2)
  5. 1-1-1 Acetylcholine誘発気道収縮に対するflutropiumの吸入適用による影響 / p12 (0010.jp2)
  6. 1-1-2 Histamine誘発気道収縮に対するflutropiumの吸入適用による影響 / p17 (0012.jp2)
  7. 第2章 実験的アレルギー性気道収縮に対する作用 / p20 (0014.jp2)
  8. 1-2-1 迷走神経冷却伝導遮断による影響 / p20 (0014.jp2)
  9. 1-2-2 抗コリン薬の吸入適用による影響 / p23 (0015.jp2)
  10. 1-2-3 抗ヒスタミン薬の吸入適用による影響 / p28 (0018.jp2)
  11. 第3章 考察 / p30 (0019.jp2)
  12. 第2編 Flutropiumの連続適用による気道反応性および肝薬物代謝酵素系に及ぼす影響 / p34 (0021.jp2)
  13. 第1章 無麻酔下と麻酔下におけるflutropiumの吸入適用による同等の抗コリン作用を現す吸入条件とその装置の考案 / p35 (0021.jp2)
  14. 第2章 Flutropiumの連続吸入適用による気道反応性に及ぼす影響 / p38 (0023.jp2)
  15. 第3章 Flutropiumの連続静脈内適用による肝薬物代謝酵素系に及ぼす影響 / p43 (0025.jp2)
  16. 第4章 考察 / p47 (0027.jp2)
  17. 第3編 Flutropiumと作用機序の異なる抗喘息薬との併用効果 / p50 (0029.jp2)
  18. 第1章 Flutropimおよび併用薬の投与量の検討 / p51 (0029.jp2)
  19. 第2章 作用機序の異なる抗喘息薬との併用効果 / p58 (0033.jp2)
  20. 第3章 考察 / p64 (0036.jp2)
  21. 第4編 Flutropimのケミカルメディエーター拮抗作用および遊離抑制作用 / p68 (0038.jp2)
  22. 第1章 In vitroにおける影響 / p70 (0039.jp2)
  23. 4-1-1 イヌの摘出気管,気管支および細気管支におけるacetylcholineおよびhistamine誘発収縮に及ぼす影響 / p70 (0039.jp2)
  24. 4-1-2 モルモット摘出気管におけるhistamine誘発収縮に及ぼす影響 / p77 (0042.jp2)
  25. 4-1-3 モルモット摘出気管におけるleukotriene D₄ 誘発収縮に及ばす影響 / p79 (0043.jp2)
  26. 4-1-4 ラット腹腔肥満細胞からのhistamine遊離に及ぼす影響 / p81 (0044.jp2)
  27. 第2章 In vivoにおける影響 / p85 (0046.jp2)
  28. 4-2-1 モルモットのhistamine誘発皮膚血管透過性亢進に及ぼす影響 / p85 (0046.jp2)
  29. 4-2-2 モルモット48時間homologous PCA反応に及ぼす影響 / p87 (0047.jp2)
  30. 4-2-3 Serotonin誘発気道収縮に対するflutropiumの吸入適用による影響 / p89 (0048.jp2)
  31. 第3章 考察 / p91 (0049.jp2)
  32. 第5編 実験的鼻炎に及ぼすflutropiumの影響 / p94 (0051.jp2)
  33. 第1章 モルモットにおけるhistamine誘発鼻炎モデルの作製 / p96 (0052.jp2)
  34. 第2章 Histamine誘発鼻腔内圧増加に対するflutropiuimの吸入適用による影響 / p100 (0054.jp2)
  35. 第3章 モルモットのアレルギー性鼻炎モデルに対するflutropiumの静脈内適用による影響 / p105 (0056.jp2)
  36. 第4章 考察 / p109 (0058.jp2)
  37. 第6編 鼻汁分泌に及ぼすflutropiumの影響 / p111 (0059.jp2)
  38. 第1章 モルモットにおける薬物誘発鼻汁分泌モデルの作作 / p113 (0060.jp2)
  39. 第2章 Acetylcholine誘発鼻汁分泌に及ぼすflutropiumの影響 / p117 (0062.jp2)
  40. 第3章 Histamine誘発鼻汁分泌に及ぼすflutropiumの影響 / p122 (0065.jp2)
  41. 第4章 薬物誘発鼻汁分泌に対するpentobarbitalの影響 / p124 (0066.jp2)
  42. 第5章 考察 / p126 (0067.jp2)
  43. 総括 / p130 (0069.jp2)
  44. 謝辞 / p132 (0070.jp2)
  45. 引用文献 / p133 (0070.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085606
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085820
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249920
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ