ジクロフェナクナトリウム及び塩酸ネチコナゾールの投与方法並びに製剤設計に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 岩佐, 曜 イワサ, アキラ

書誌事項

タイトル

ジクロフェナクナトリウム及び塩酸ネチコナゾールの投与方法並びに製剤設計に関する研究

著者名

岩佐, 曜

著者別名

イワサ, アキラ

学位授与大学

星薬科大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第56号

学位授与年月日

1992-03-16

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 序論 / p1 (0003.jp2)
  3. 第1章 ジクロフェナクナトリウムの徐放性坐剤の調製と討試験法の検討 / p4 (0005.jp2)
  4. 第1節 DCNaの溶解度に及ぼすpHの影響 / p5 (0005.jp2)
  5. 第2節 DCNaの放出速度に及ぼす有機酸の影響 / p6 (0006.jp2)
  6. 第3節 ウサギ吸収実験による徐放性DCNa坐剤の評価 / p9 (0007.jp2)
  7. 第4節 放出試験法の評価 / p10 (0008.jp2)
  8. 第5節 放出機構 / p13 (0009.jp2)
  9. 第6節 ウサギ直腸粘膜刺激の検討 / p14 (0010.jp2)
  10. 第7節 ヒト薬物動態試験による徐放性DCNa坐剤の評価 / p15 (0010.jp2)
  11. 第8節 第1章のまとめ / p16 (0011.jp2)
  12. 第9節 実験の部 / p17 (0011.jp2)
  13. 第2章 ジクロフェナクナトリウムゲル軟膏剤からの薬物の経皮吸収性に及ぼす添加剤の影響 / p20 (0013.jp2)
  14. 第1節 DCNaの経皮吸収性に及ぼす酸化エチレン付加型非イオン性界面活性剤の影響 / p21 (0013.jp2)
  15. 第2節 DCNaの経皮吸収性に及ぼす酸化エチレン付加モル数の影響 / p24 (0015.jp2)
  16. 第3節 DCNaの経皮吸収性に及ぼすアルキル鎖長の影響 / p26 (0016.jp2)
  17. 第4節 酸化エチレン付加型非イオン性界面活性剤の皮膚に対する作用の検討 / p28 (0017.jp2)
  18. 第5節 第2章のまとめ / p29 (0017.jp2)
  19. 第6節 実験の部 / p30 (0018.jp2)
  20. 第3章 塩酸ネチコナソールクリーム剤からの薬物の皮膚吸収性に及ぼす添加剤の影響 / p32 (0019.jp2)
  21. 第1節 分子型NTZの溶解度 / p33 (0019.jp2)
  22. 第2節 In vitro皮膚吸収性に及ぼす油性添加剤の影響 / p34 (0020.jp2)
  23. 第3節 In vivo皮膚吸収性に及ぼす油性添加剤の影響 / p37 (0021.jp2)
  24. 第4節 第3章のまとめ / p39 (0022.jp2)
  25. 第5節 実験の部 / p40 (0023.jp2)
  26. 第4章 塩酸ネチコナゾール油性軟膏剤からの薬物の皮膚吸収性に及ぼす添加剤の影響及び治療効果評価法に関する検討 / p43 (0024.jp2)
  27. 第1節 In vitro皮膚吸収性に及ぼす油性添加剤の影響 / p43 (0024.jp2)
  28. 第2節 In vivo皮膚吸収性に及ぼす油性添加剤の影響 / p45 (0025.jp2)
  29. 第3節 実験的白癬に対する治療実験 / p47 (0026.jp2)
  30. 第4節 実験的白癬に対する治療実験と皮膚吸収の相関 / p48 (0027.jp2)
  31. 第5節 第4章のまとめ / p49 (0027.jp2)
  32. 第6節 実験の部 / p50 (0028.jp2)
  33. 総括ならびに結論 / p52 (0029.jp2)
  34. 謝辞 / p55 (0030.jp2)
  35. 文献 / p56 (0031.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085610
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085824
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249924
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ