寄与度・寄与率の理論と応用

この論文をさがす

著者

    • 関, 弥三郎, 1922- セキ, ヤサブロウ

書誌事項

タイトル

寄与度・寄与率の理論と応用

著者名

関, 弥三郎, 1922-

著者別名

セキ, ヤサブロウ

学位授与大学

立命館大学

取得学位

経済学博士

学位授与番号

乙第123号

学位授与年月日

1992-03-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. はしがき / (0003.jp2)
  2. I 寄与度・寄与率の二つの役割 / p1 (0006.jp2)
  3. II 寄与度・寄与率の理論と応用 / p33 (0022.jp2)
  4. III 増加率の逐次寄与度分解法 / p77 (0044.jp2)
  5. IV ラスパイレス式物価指数の寄与度・寄与率 / p115 (0063.jp2)
  6. V パーシェ式物価指数の寄与度・寄与率 / p139 (0075.jp2)
  7. VI 輸出・輸入物価に対する為替変動の寄与度・寄与率 / p155 (0083.jp2)
  8. VII ジニ係数の差の寄与度分解 / p171 (0091.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085624
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000978993
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249938
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ