担持金属触媒の製法と構造および活性との相関性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 藤谷, 忠博 フジタニ, タダヒロ

書誌事項

タイトル

担持金属触媒の製法と構造および活性との相関性に関する研究

著者名

藤谷, 忠博

著者別名

フジタニ, タダヒロ

学位授与大学

千葉工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第3号

学位授与年月日

1992-03-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. -目次- / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  3. 引用文献 / p7 (0013.jp2)
  4. 第2章 シリカ担持ニッケル触媒の構造と触媒活性におよぼすニッケル出発原料の影響 / p9 (0015.jp2)
  5. 2-1 緒言 / p9 (0015.jp2)
  6. 2-2 実験 / p10 (0016.jp2)
  7. 2-3 結果および考察 / p14 (0020.jp2)
  8. 2-4 結論 / p25 (0031.jp2)
  9. 引用文献 / p26 (0032.jp2)
  10. 第3章 アルミナ担持ニッケル触媒の構造と触媒活性およぼすニッケル出発原料の影響 / p27 (0033.jp2)
  11. 3-1 緒言 / p27 (0033.jp2)
  12. 3-2 実験 / p28 (0034.jp2)
  13. 3-3 結果および考察 / p30 (0036.jp2)
  14. 3-4 結論 / p41 (0047.jp2)
  15. 引用文献 / p42 (0048.jp2)
  16. 第4章 担持パラジウム触媒の活性におよぼす担体の影響 / p43 (0049.jp2)
  17. 4-1 緒言 / p43 (0049.jp2)
  18. 4-2 実験方法 / p44 (0050.jp2)
  19. 4-3 結果および考察 / p47 (0053.jp2)
  20. 4-4 結論 / p68 (0074.jp2)
  21. 引用文献 / p69 (0075.jp2)
  22. 第5章 イオン交換法による高活性シリカ担持パラジウム触媒の調製 / p70 (0076.jp2)
  23. 5-1 緒言 / p70 (0076.jp2)
  24. 5-2 実験方法 / p71 (0077.jp2)
  25. 5-3 結果および考察 / p74 (0080.jp2)
  26. 5-4 結論 / p91 (0097.jp2)
  27. 引用文献 / p92 (0098.jp2)
  28. 第6章 シリカ担持パラジウム触媒の構造および活性におよぼすパラジウム出発原料の影響 / p93 (0099.jp2)
  29. 6-1 緒言 / p93 (0099.jp2)
  30. 6-2 実験方法 / p94 (0100.jp2)
  31. 6-3 結果および考察 / p96 (0102.jp2)
  32. 6-4 結論 / p109 (0115.jp2)
  33. 引用文献 / p110 (0116.jp2)
  34. 第7章 総括 / p111 (0117.jp2)
  35. 謝辞 / p114 (0120.jp2)
  36. 本論文に関連する著者の既発表論文 / p115 (0121.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085670
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085884
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249984
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ