本態性高血圧症における赤血球膜異常 : 膜流動性およびNa[+]-K[+]ATPase活性について

この論文をさがす

著者

    • 坂本, 和孝 サカモト, カズタカ

書誌事項

タイトル

本態性高血圧症における赤血球膜異常 : 膜流動性およびNa[+]-K[+]ATPase活性について

著者名

坂本, 和孝

著者別名

サカモト, カズタカ

学位授与大学

鹿児島大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第920号

学位授与年月日

1992-03-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p563 (0002.jp2)
  2. I.はじめに / p563 (0002.jp2)
  3. II.赤血球膜Na⁺-K⁺ATPase活性および膜流動性の測定 / p564 (0003.jp2)
  4. 1.Bioluminescence法によるATP濃度の測定 / p564 (0003.jp2)
  5. 2.赤血球膜Na⁺-K⁺ATPase活性測定の条件 / p564 (0003.jp2)
  6. 3.膜流動性測定・スピンラベル法 / p567 (0004.jp2)
  7. 4.赤血球膜流動性と膜Na⁺-K⁺ATPase活性の関連についての実験的検討 / p568 (0005.jp2)
  8. III.本態性高血圧症における赤血球膜流動性および膜Na⁺-K⁺ATPase活性 / p569 (0005.jp2)
  9. 1.はじめに / p569 (0005.jp2)
  10. 2.対象および方法 / p569 (0005.jp2)
  11. 3.結果 / p569 (0005.jp2)
  12. IV.考察 / p570 (0006.jp2)
  13. V.総括 / p572 (0007.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085710
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085924
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000250024
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ