color電磁場中でのchiral対称性とquark-antiquark対生成 Color電磁場中でのchiral対称性とquark-antiquark対生成

この論文をさがす

著者

    • 菅沼, 秀夫 スガヌマ, ヒデオ

書誌事項

タイトル

color電磁場中でのchiral対称性とquark-antiquark対生成

タイトル別名

Color電磁場中でのchiral対称性とquark-antiquark対生成

著者名

菅沼, 秀夫

著者別名

スガヌマ, ヒデオ

学位授与大学

京都大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第4963号

学位授与年月日

1992-03-23

注記・抄録

博士論文

新制・課程博士

甲第4963号

理博第1360号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. CONTENTS / p1 (0005.jp2)
  3. 1.Introduction / p2 (0007.jp2)
  4. 2.Formalism / p6 (0011.jp2)
  5. 2.1 QCDとchiral対称性 / p6 (0011.jp2)
  6. 2.2 NJL model~QCDの有効模型 / p8 (0013.jp2)
  7. 2.3 covariantly constant condition / p11 (0016.jp2)
  8. 2.4 proper-timeの方法による定式化 / p13 (0018.jp2)
  9. 2.5 dynamical quark mass に対する表式 / p15 (0020.jp2)
  10. 2.6 直観的な物理的解釈 / p21 (0026.jp2)
  11. 2.7 q-q対生成率に対する表式 / p22 (0027.jp2)
  12. 3.計算結果 / p23 (0028.jp2)
  13. 4.three flavorの場合への拡張 / p27 (0032.jp2)
  14. 5.他のapproachとの比較 / p30 (0035.jp2)
  15. 5.1 異なるsource termの導入方法,及び結果の比較 / p31 (0036.jp2)
  16. 5.2 CHA approachとの比較 / p33 (0038.jp2)
  17. 6.flux-tube描像でのhadronの構造や高エネルギー重イオン衝突に対する応用 / p34 (0039.jp2)
  18. 6.1 hadron構造 / p35 (0040.jp2)
  19. 6.2 高エネルギー重イオン衝突 / p37 (0042.jp2)
  20. 7.Summary and Concluding Remarks / p39 (0044.jp2)
  21. Appendices. / p43 (0048.jp2)
  22. appendix A.Effective Potential の諸性質 / p43 (0048.jp2)
  23. A2 weak field limit での表式 / p44 (0049.jp2)
  24. A2 strong field limit での表式 / p45 (0050.jp2)
  25. appendix B.特性関数の諸性質 / p46 (0051.jp2)
  26. B1 weak field limit 及びstrong field limit での表式 / p47 (0052.jp2)
  27. B2 color 電場,或はcolor磁場だけの場合 / p49 (0054.jp2)
  28. appendix C.ζ-function regularization method / p51 (0056.jp2)
  29. C1 Formalism / p51 (0056.jp2)
  30. C2 計算結果 / p56 (0061.jp2)
  31. Figure captions / p61 (0066.jp2)
  32. QUARK AND ANTIQUARK PAIR CREATION IN QGP FORMATION﹡ / (0132.jp2)
  33. Restoration of Chiral Symmetry in the Strong Color-Electric Field inside the Flux Tube⋆ / (0144.jp2)
  34. SYMMETRY BEHAVIOR IN STRONG MAGNETIC FIELD AND CABIBBO ANGLE⋆ / (0154.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085831
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000086045
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000250145
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ