[6]Liからの陽子非弾性散乱における散乱平面内偏極移行係数の測定と核内核子間有効相互作用

この論文をさがす

著者

    • 中井, 陽一 ナカイ, ヨウイチ

書誌事項

タイトル

[6]Liからの陽子非弾性散乱における散乱平面内偏極移行係数の測定と核内核子間有効相互作用

著者名

中井, 陽一

著者別名

ナカイ, ヨウイチ

学位授与大学

京都大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第4966号

学位授与年月日

1992-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 1.序 / p1 (0007.jp2)
  4. 2.実験 / p5 (0011.jp2)
  5. 2-1 実験の概要 / p5 (0011.jp2)
  6. 2-2 進行方向偏極陽子ビーム / p6 (0012.jp2)
  7. 2-3 第一焦点面用MWDC / p7 (0013.jp2)
  8. 2-4 Multi-foil polarimeter MUSASHI / p9 (0015.jp2)
  9. 3.データー整理 / p11 (0017.jp2)
  10. 3-1 MWDCの位置スペクトルの構成 / p11 (0017.jp2)
  11. 3-2 第二焦点での散乱陽子の横方向偏極成分の導出 / p13 (0019.jp2)
  12. 3-3 ビームの横方向偏極成分 / p14 (0020.jp2)
  13. 3-4 散乱平面内偏極移行係数の導出 / p15 (0021.jp2)
  14. 3-5 誤差の評価について / p16 (0022.jp2)
  15. 4.微視的DWBA計算による解析と議論 / p19 (0025.jp2)
  16. 4-1 M3Y相互作用を用いた解析 / p19 (0025.jp2)
  17. 4-2 他のOscillator Base G-matrixをもちいた解析 / p26 (0032.jp2)
  18. 4-3 Vтτ、Vʟѕτの変更について / p27 (0033.jp2)
  19. 4-4 他のエネルギーの減偏極度にたいする適用 / p31 (0037.jp2)
  20. 4-5 減偏極度[数式]のエネルギー依存性とテンソル力Vтτについて / p32 (0038.jp2)
  21. 4-6 ¹²C(p,p')(1+;Ex=15.11MeV;T=1)反応への適用 / p38 (0044.jp2)
  22. 5.まとめ / p39 (0045.jp2)
  23. 付録 / p41 (0047.jp2)
  24. A.偏極移行係数 / p41 (0047.jp2)
  25. B.MWDCの基本動作について / p42 (0048.jp2)
  26. C.微視的DWBA計算について / p44 (0050.jp2)
  27. D.散乱平面内偏極移行係数の重心系と実験室系の変換 / p49 (0055.jp2)
  28. References / p51 (0057.jp2)
  29. 図表の説明 / (0060.jp2)
  30. 図表 / (0066.jp2)
  31. DEPOLARIZATION IN p-¹⁵N ELASTIC SCATTERING AND LARGE TENSOR SPIN-SPIN INTERACTION / p301 (0138.jp2)
  32. MEASUREMENTS OF INPLANE POLARIZATION TRANSFER COEFFICIENT IN ²⁴Mg(p,p')REACTION AT Ep=65 MeV / C6-415 / (0145.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085834
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000086048
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000250148
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ