タンパク質におけるプロトン核磁気緩和の解析

この論文をさがす

著者

    • 伊島, 理枝子 イシマ, リエコ

書誌事項

タイトル

タンパク質におけるプロトン核磁気緩和の解析

著者名

伊島, 理枝子

著者別名

イシマ, リエコ

学位授与大学

京都大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第4977号

学位授与年月日

1992-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p2 (0004.jp2)
  3. 序言 / p4 (0006.jp2)
  4. 第1章 溶液中のプロトン縦磁化緩和の取扱い / p7 (0009.jp2)
  5. l。1。2スピン系のプロトン縦磁化緩和 / p7 (0009.jp2)
  6. l。2。多スピン系のプロトン縦磁化緩和 / p10 (0012.jp2)
  7. 1。3。プロトン縦磁化緩和の運動モデル / p13 (0015.jp2)
  8. l。4。回転系でのプロトンスピン-格子緩和 / p16 (0018.jp2)
  9. 1。5。2スピン系での計算機実験 / p19 (0021.jp2)
  10. 第2章 タンパク質のプロトン縦磁化緩和に寄与する各種運動性の評価 / p24 (0026.jp2)
  11. 2。1。はじめに / p24 (0026.jp2)
  12. 2。2。計算機実験 / p26 (0028.jp2)
  13. 2。3。緩和時間測定 / p35 (0037.jp2)
  14. 2。4。検討 / p38 (0040.jp2)
  15. 2。5。まとめ / p42 (0044.jp2)
  16. 第3章 選択的飽和下におけるタンパク質プロトン縦磁化緩和とスピン拡散 / p43 (0045.jp2)
  17. 3。1。はじめに / p43 (0045.jp2)
  18. 3。2。緩和時間測定 / p45 (0047.jp2)
  19. 3。3。計算機実験 / p48 (0050.jp2)
  20. 3。4。検討 / p51 (0053.jp2)
  21. 3。5。まとめ / p58 (0060.jp2)
  22. 第4章 回転系でのスピン-格子緩和時間を用いたタンパク質の局所的な運動性の検出 / p60 (0062.jp2)
  23. 4。1。タンパク質の回転系でのスピン-格子緩和時間の取扱い / p60 (0062.jp2)
  24. 4。2。タンパク質フラジェリンの研究例 / p66 (0068.jp2)
  25. 4。3。まとめ / p82 (0084.jp2)
  26. 結び / p84 (0086.jp2)
  27. 参考文献 / p86 (0088.jp2)
  28. 謝辞 / p90 (0092.jp2)
  29. Termini of Salmonella Flagellin are Disordered and Become Organized upon Polymerization into Flagellar Filament / p673 (0142.jp2)
  30. A NOVEL PEPTIDE ISOLATED FROM THE LEAVES OF GYMNEMA SYLVESTRE-I.CHARACTERIZATION AND ITS SUPPRESSIVE EFFECT ON THE NEURAL RESPONSES TO SWEET TASTE STIMULI IN THE RAT / p309 (0145.jp2)
  31. Structure of Active 27 Residue Fragment of Human Calpastatin / p1 (0149.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085845
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000086059
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000250159
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ