大腸菌mini-Fプラスミドの複製制御における複製開始因子RepEの機能と熱ショック蛋白質の関与

この論文をさがす

著者

    • 川崎, 泰生 カワサキ, ヤスオ

書誌事項

タイトル

大腸菌mini-Fプラスミドの複製制御における複製開始因子RepEの機能と熱ショック蛋白質の関与

著者名

川崎, 泰生

著者別名

カワサキ, ヤスオ

学位授与大学

京都大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第4995号

学位授与年月日

1992-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 要旨 / (0004.jp2)
  3. 目次 / (0006.jp2)
  4. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  5. 第1節 レプリコン仮説と複製開始因子 / p1 (0007.jp2)
  6. 第2節 mini-Fプラスミド複製におけるσ³²の役割 / p4 (0010.jp2)
  7. 第3節 DNA複製における熱ショック蛋白質の関与 / p5 (0011.jp2)
  8. 第4節 本研究の目的 / p6 (0012.jp2)
  9. 第2章 材料と方法 / p7 (0013.jp2)
  10. 第3章 結果 / p19 (0025.jp2)
  11. 第1節 熱ショック蛋白質DnaK,DnaJ,およびGrpEのmini-F複製への関与 / p19 (0025.jp2)
  12. 第2節 σ³²欠損株で複製できるmini-Fプラスミドの分離と解析 / p25 (0031.jp2)
  13. 第3節 野生型および変異型RepE蛋白質の精製とその性質 / p35 (0041.jp2)
  14. 第4章 考察 / p48 (0054.jp2)
  15. 第1節 複製開始因子の変異によりhigh copyになる機構 / p48 (0054.jp2)
  16. 第2節 mini-F複製における熱ショック蛋白質の役割 / p50 (0056.jp2)
  17. 第3節 RepE蛋白質の構造と機能の関係 / p51 (0057.jp2)
  18. 第4節 今後の問題点 / p53 (0059.jp2)
  19. 参考文献 / p55 (0061.jp2)
  20. 謝辞 / p60 (0066.jp2)
  21. Roles of Escherichia coli heat shock proteins DnaK,DnaJ and GrpE in mini-F plasmid replication / p277 (0096.jp2)
  22. Mini-F Plasmid Mutants Able To Replicate in the Absence of σ³²:Mutations in the repE Coding Region Producing Hyperactive Initiator Protein / p1064 (0099.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085863
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000086077
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000250177
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ