DNAトポイソメラーゼⅡの活性と核移行制御機能ドメイン

この論文をさがす

著者

    • 塩崎, 一裕 シオザキ, カズヒロ

書誌事項

タイトル

DNAトポイソメラーゼⅡの活性と核移行制御機能ドメイン

著者名

塩崎, 一裕

著者別名

シオザキ, カズヒロ

学位授与大学

京都大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第4998号

学位授与年月日

1992-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 要旨 / p1 (0006.jp2)
  4. 序論 / p2 (0007.jp2)
  5. 材料と方法 / p9 (0014.jp2)
  6. 結果 / p18 (0023.jp2)
  7. I.topo IIを構成する構造ドメインの同定 / p18 (0023.jp2)
  8. 1.分裂酵母topo IIの精製 / p18 (0023.jp2)
  9. 2.アミノ末端配列の検討 / p18 (0023.jp2)
  10. 3.プロテアーゼによるtopo IIの限定分解 / p22 (0027.jp2)
  11. 4.papain消化産物のアミノ末端配列 / p22 (0027.jp2)
  12. 5.ts top2-191およびcs top2-250変異 / p27 (0032.jp2)
  13. II.両末端領域の機能 / p32 (0037.jp2)
  14. 1.125kDコアは酵素活性をもつ / p32 (0037.jp2)
  15. 2.欠失変異top2遺伝子の作成 / p32 (0037.jp2)
  16. 3.欠失変異top2の遺伝子産物 / p35 (0040.jp2)
  17. 4.top2遺伝子破壊株の作成 / p35 (0040.jp2)
  18. 5.末端領域は細胞の生育に必須機能をもつ / p39 (0044.jp2)
  19. 6.両末端領域は核移行シグナルを含む / p42 (0047.jp2)
  20. III.topo IIのリン酸化 / p48 (0053.jp2)
  21. 1.topo IIはリンタンパク質である / p48 (0053.jp2)
  22. 2.フォスファターゼ処理による脱リン酸化 / p48 (0053.jp2)
  23. 3.リン酸化部位は両末端領域に局在する / p48 (0053.jp2)
  24. 考察 / p57 (0062.jp2)
  25. 1.精製した分裂酵母topo IIタンパク質 / p57 (0062.jp2)
  26. 2.topo IIのコア構造 / p58 (0063.jp2)
  27. 3.コアを構成するドメイン / p58 (0063.jp2)
  28. 4.topo II両末端領域の核移行シグナル / p59 (0064.jp2)
  29. 5.リン酸化と末端領域の機能 / p62 (0067.jp2)
  30. 補遺 / p65 (0070.jp2)
  31. 文献 / p68 (0073.jp2)
  32. 謝辞 / p75 (0080.jp2)
  33. DNA Topoisomerase II Is Required for Condensation and Separation of Mitotic Chromosomes in S.pombe / (0091.jp2)
  34. Cloning and sequencing of Schizosaccharomyces pombe DNA topoisomerase I gene,and effect of gene disruption / p9727 (0096.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085866
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000086080
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000250180
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ