Expression of murine interleukin 7 in a 203-glioma cell line results in reduced tumorigenicity in vivo マウスインターロイキン7発現203-グリオーマの生体内での腫瘍発生の減少

この論文をさがす

著者

    • 青木, 友和 アオキ, トモカズ

書誌事項

タイトル

Expression of murine interleukin 7 in a 203-glioma cell line results in reduced tumorigenicity in vivo

タイトル別名

マウスインターロイキン7発現203-グリオーマの生体内での腫瘍発生の減少

著者名

青木, 友和

著者別名

アオキ, トモカズ

学位授与大学

京都大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第5038号

学位授与年月日

1992-03-23

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085906
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000086120
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000250220
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ