テンボ語音韻論 : その共時態と通時態

この論文をさがす

著者

    • 梶, 茂樹, 1951- カジ, シゲキ

書誌事項

タイトル

テンボ語音韻論 : その共時態と通時態

著者名

梶, 茂樹, 1951-

著者別名

カジ, シゲキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

文学博士

学位授与番号

乙第7773号

学位授与年月日

1992-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / p1 (0001.jp2)
  2. 目次 / p5 (0008.jp2)
  3. はしがき / p2 (0005.jp2)
  4. 1.序論 / p11 (0014.jp2)
  5. 1.1.バンツー諸語 / p11 (0014.jp2)
  6. 1.2.調査地 / p11 (0014.jp2)
  7. 1.3.テンボ語 / p14 (0017.jp2)
  8. 1.4.文献 / p17 (0020.jp2)
  9. 1.5.調査 / p18 (0021.jp2)
  10. 1.6.テンボ語の名詞のクラス / p19 (0022.jp2)
  11. 2.共時音韻論(分節素) / p26 (0029.jp2)
  12. 2.1.音声目録 / p26 (0029.jp2)
  13. 2.2.異音的交替 / p33 (0036.jp2)
  14. 2.3.音素体系(分節素) / p46 (0049.jp2)
  15. 2.4.形態音素的交替 / p46 (0049.jp2)
  16. 2.5.討論 / p59 (0062.jp2)
  17. 2.6.母音の長短再考 / p70 (0073.jp2)
  18. 3.共時声調論 / p73 (0076.jp2)
  19. 3.1.基本声調とその実現 / p73 (0076.jp2)
  20. 3.2.声調言語のタイプ / p74 (0077.jp2)
  21. 3.3.テンボ語の特性(名詞の声調のパターン) / p77 (0080.jp2)
  22. 3.4.検討 / p83 (0086.jp2)
  23. 3.5.動詞の声調 / p91 (0094.jp2)
  24. 4.通時音韻論(分節素) / p111 (0114.jp2)
  25. 4.1.バンツー祖語 / p111 (0114.jp2)
  26. 4.2.テンボ語の反映形 / p112 (0115.jp2)
  27. 4.3.マインホフの規則 / p128 (0131.jp2)
  28. 4.4.母音 / p131 (0134.jp2)
  29. 4.5.まとめ / p140 (0143.jp2)
  30. 5.通時声調論 / p142 (0145.jp2)
  31. 5.1.声調の逆転現象 / p142 (0145.jp2)
  32. 5.2.反映形 / p143 (0146.jp2)
  33. 5.3.接頭辞のL声調 / p153 (0156.jp2)
  34. 5.4.声調逆転のプロセス--フンデ語との比較 / p155 (0158.jp2)
  35. 5.5.テンボ語から見るバンツー祖語の声調 / p159 (0162.jp2)
  36. 6.結語 / p163 (0166.jp2)
  37. 注 / p166 (0169.jp2)
  38. 参考文献 / p172 (0175.jp2)
  39. 付表「バンツー祖語-テンボ語比較語彙表」 / p179 (0182.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086006
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000979018
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000250320
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ