トンネル掘削に伴う周辺岩盤のゆるみ領域と安定性評価に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 西村, 正夫 ニシムラ, マサオ

書誌事項

タイトル

トンネル掘削に伴う周辺岩盤のゆるみ領域と安定性評価に関する研究

著者名

西村, 正夫

著者別名

ニシムラ, マサオ

学位授与大学

京都大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第7831号

学位授与年月日

1992-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 研究の目的 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.2 関連する従来の研究とその問題点 / p2 (0008.jp2)
  6. 1.3 研究の内容概観 / p8 (0011.jp2)
  7. 第1章 参考文献 / p11 (0012.jp2)
  8. 第2章 円形トンネル周辺のゆるみ領域と地山特性曲線(弾塑性解析解を用いた壁面の地圧と押出し変位との平衡曲線の算出) / p19 (0016.jp2)
  9. 2.1 緒言 / p19 (0016.jp2)
  10. 2.2 地圧現象とゆるみ領域 / p20 (0017.jp2)
  11. 2.3 円形トンネル周辺の地山状態 / p24 (0019.jp2)
  12. 2.4 トンネル周辺の塑性領域の進展条件 / p38 (0026.jp2)
  13. 2.5 地山特性曲線の近似算出法 / p41 (0027.jp2)
  14. 2.6 地山物性による地山特性曲線の分類 / p54 (0034.jp2)
  15. 2.7 結言 / p59 (0036.jp2)
  16. 第2章参考文献 / p61 (0037.jp2)
  17. 第3章 円形トンネル周辺岩盤に及ぼす軸方向地圧の影響(軸方向初期地圧を考慮した円形トンネル弾塑性解析解) / p63 (0038.jp2)
  18. 3.1 緒言 / p63 (0038.jp2)
  19. 3.2 弾塑性解析モデルと適用条件式 / p63 (0038.jp2)
  20. 3.3 第一次降伏までの弾性地山状態([数式]) / p67 (0040.jp2)
  21. 3.4 第一次降伏後の弾塑性地山状態([数式],あるいは[数式]) / p73 (0043.jp2)
  22. 3.5 第二次降伏とその後の弾塑性地山状態([数式]) / p82 (0048.jp2)
  23. 3.6 トンネル掘進に伴う弾塑性解析解の分類とその数値例 / p99 (0056.jp2)
  24. 3.7 結言 / p108 (0061.jp2)
  25. 第3章 参考文献 / p109 (0061.jp2)
  26. 第4章 地下空洞掘削時の地山挙動の数値解析 / p111 (0062.jp2)
  27. 4.1 緒言 / p111 (0062.jp2)
  28. 4.2 強度破壊(降伏)条件 / p112 (0063.jp2)
  29. 4.3 岩石の剛性試験とひずみ軟化特性 / p116 (0065.jp2)
  30. 4.4 数理塑性理論と数値解析手法 / p120 (0067.jp2)
  31. 4.5 円孔モデル数値解 / p136 (0075.jp2)
  32. 4.6 数値解析上の問題点と考察 / p148 (0081.jp2)
  33. 4.7 結言 / p152 (0083.jp2)
  34. 第4章 参考文献 / p152 (0083.jp2)
  35. 第5章 不連続性岩盤への連続体力学の適用 / p157 (0085.jp2)
  36. 5.1 緒言 / p157 (0085.jp2)
  37. 5.2 新しい不連続性岩盤の解析法 / p157 (0085.jp2)
  38. 5.3 円形トンネル掘削による力学的不安定領域 / p160 (0087.jp2)
  39. 5.4 異方性岩盤の力学的安定性 / p167 (0090.jp2)
  40. 5.5 空洞切羽近傍における三次元場の力学的不安定領域 / p179 (0096.jp2)
  41. 5.6 結言 / p188 (0101.jp2)
  42. 第5章 参考文献 / p189 (0101.jp2)
  43. 第6章 地下空洞設計・施工への適用事例 / p191 (0102.jp2)
  44. 6.1 緒言 / p191 (0102.jp2)
  45. 6.2 面河第三発電所放水路トンネル / p191 (0102.jp2)
  46. 6.3 鷲羽山トンネル / p204 (0109.jp2)
  47. 6.4 結言 / p223 (0118.jp2)
  48. 第6章 参考文献 / p224 (0119.jp2)
  49. 第7章 結論 / p225 (0119.jp2)
  50. 謝辞 / p229 (0121.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086064
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000086278
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000250378
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ