The role of Ca[2+] and protein kinase C in the differentiation of HL-60 cells induced by 1α,25(OH)[2]D[3] and diltiazem 1α,25(OH)[2]D[3]およびdiltiazemによるHL-60細胞の分化におけるCa[2+]とprotein kinase Cの役割

この論文をさがす

著者

    • 田岡, 輝久 タオカ, テルヒサ

書誌事項

タイトル

The role of Ca[2+] and protein kinase C in the differentiation of HL-60 cells induced by 1α,25(OH)[2]D[3] and diltiazem

タイトル別名

1α,25(OH)[2]D[3]およびdiltiazemによるHL-60細胞の分化におけるCa[2+]とprotein kinase Cの役割

著者名

田岡, 輝久

著者別名

タオカ, テルヒサ

学位授与大学

香川医科大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第24号

学位授与年月日

1992-03-04

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086161
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000086375
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000250475
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ