Pseudomonas syringaeのエチレン生成に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 長濱, 一弘 ナガハマ, カズヒロ

書誌事項

タイトル

Pseudomonas syringaeのエチレン生成に関する研究

著者名

長濱, 一弘

著者別名

ナガハマ, カズヒロ

学位授与大学

熊本工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第1号

学位授与年月日

1992-03-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0008.jp2)
  3. 第1節 研究の背景 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.1.1.ガス状炭化水素生産の現状 / p1 (0008.jp2)
  5. 1.1.2.微生物によるガス状炭化水素の生産 / p1 (0008.jp2)
  6. 第2節 既応の研究 / p1 (0008.jp2)
  7. 1.2.1.植物によるエチレン生成と生成機構 / p2 (0009.jp2)
  8. 1.2.2.微生物によるエチレン生成と生成機構 / p3 (0010.jp2)
  9. 1.2.3.福田研究室での微生物によるエチレン生成酵素に関する研究 / p4 (0011.jp2)
  10. 第3節 研究目的と研究の進め方 / p10 (0017.jp2)
  11. 1.3.1.研究目的 / p10 (0017.jp2)
  12. 1.3.2.研究の進め方 / p10 (0017.jp2)
  13. 第2章 エチレン生産細菌のスクリーニング / p11 (0018.jp2)
  14. 第1節 緒言 / p11 (0018.jp2)
  15. 第2節 実験材料および方法 / p11 (0018.jp2)
  16. 2.2.1.使用菌株 / p11 (0018.jp2)
  17. 2.2.2.培地ならびに培養方法 / p11 (0018.jp2)
  18. 2.2.3.エチレン生成速度の測定方法(in vivo) / p12 (0019.jp2)
  19. 2.2.4.無細胞抽出液の調製方法 / p13 (0020.jp2)
  20. 2.2.5.α-KG依存エチレン生成活性の測定方法(in vitro) / p13 (0020.jp2)
  21. 2.2.6.トランスアミナーゼ活性の測定方法 / p15 (0022.jp2)
  22. 2.2.7.NADH:Fe(III)EDTA オキシドレダクターゼ活性の測定方法 / p16 (0023.jp2)
  23. 2.2.8.菌体濃度の測定方法 / p16 (0023.jp2)
  24. 2.2.9.蛋白質濃度の測定方法 / p16 (0023.jp2)
  25. 第3節 実験結果 / p17 (0024.jp2)
  26. 2.3.1.エチレン生産細菌の分布 / p17 (0024.jp2)
  27. 2.3.2.代表的エチレン生産細菌 / p18 (0025.jp2)
  28. 2.3.3.エチレン生産細菌の分類 / p24 (0031.jp2)
  29. 第4節 考察 / p25 (0032.jp2)
  30. 第5節 要約 / p26 (0033.jp2)
  31. 第3章 Pseudomonas syringae pv.phaseolicola PK2 のin vitro エチレン生成系の構築 / p28 (0035.jp2)
  32. 第1節 緒言 / p28 (0035.jp2)
  33. 第2節 実験材料および方法 / p28 (0035.jp2)
  34. 3.2.1.使用菌株 / p28 (0035.jp2)
  35. 3.2.2.培地ならびに培養方法 / p29 (0036.jp2)
  36. 3.2.3.無細胞抽出液の調製方法 / p29 (0036.jp2)
  37. 3.2.4.エチレン生成酵素の部分精製法 / p29 (0036.jp2)
  38. 3.2.5.エチレン生成活性の測定方法 / p30 (0037.jp2)
  39. 3.2.6.菌体濃度と蛋白質濃度の測定方法 / p30 (0037.jp2)
  40. 3.2.7.グルコース濃度の測定方法 / p30 (0037.jp2)
  41. 第3節 実験結果 / p31 (0038.jp2)
  42. 3.3.1.in vitro エチレン生成に及ぼすSup I の添加効果 / p31 (0038.jp2)
  43. 3.3.2.Sephadex G-75 カラムによるエチレン生成酵素の部分精製 / p32 (0039.jp2)
  44. 3.3.3.部分精製酵素への各種アミノ酸の添加効果 / p34 (0041.jp2)
  45. 3.3.4.粗酵素による in vitro エチレン生成系の構築 / p36 (0043.jp2)
  46. 3.3.5.Ps.syringae PV.phaseolicola PK2 の in vivo,in vitro エチレン生成の培養経時変化 / p37 (0044.jp2)
  47. 第4節 考察 / p39 (0046.jp2)
  48. 第5節 要約 / p40 (0047.jp2)
  49. 第4章 エチレン生成酵素の精製 / p41 (0048.jp2)
  50. 第1節 緒言 / p41 (0048.jp2)
  51. 第2節 実験材料および方法 / p41 (0048.jp2)
  52. 4.2.1.使用菌株ならびに培養方法 / p41 (0048.jp2)
  53. 4.2.2.無細胞抽出液の調製方法 / p41 (0048.jp2)
  54. 4.2.3.エチレン生成酵素の活性測定方法 / p41 (0048.jp2)
  55. 4.2.4.蛋白質濃度の測定方法 / p41 (0048.jp2)
  56. 4.2.5.エチレン生成酵素の標準的精製方法 / p41 (0048.jp2)
  57. 4.2.6.Disc 及びSDS-PAGE 電気泳動法 / p42 (0049.jp2)
  58. 第3節 実験結果 / p43 (0050.jp2)
  59. 4.3.1.硫酸アンモニウムを用いた塩析による粗精製 / p43 (0050.jp2)
  60. 4.3.2.各種クロマトグラフィーを用いたエチレン生成酵素の溶出条件の検討 / p45 (0052.jp2)
  61. 4.3.3.ストレプトマイシン硫酸塩による除核酸 / p51 (0058.jp2)
  62. 4.3.4.精製各ステップの組合せと一貫収率データー / p51 (0058.jp2)
  63. 4.3.5.透析操作での酵素の安定化 / p54 (0061.jp2)
  64. 4.3.6.標準的精製フローの構築 / p56 (0063.jp2)
  65. 第4節 考察 / p64 (0073.jp2)
  66. 第5節 要約 / p64 (0073.jp2)
  67. 第5章 エチレン生成酵素の性質 / p66 (0075.jp2)
  68. 第1節 緒言 / p66 (0075.jp2)
  69. 第2節 実験材料および方法 / p66 (0075.jp2)
  70. 5.2.1.使用酵素 / p66 (0075.jp2)
  71. 5.2.2.エチレン生成酵素の活性測定方法 / p66 (0075.jp2)
  72. 5.2.3.抗体力価の測定方法 / p66 (0075.jp2)
  73. 5.2.4.イオンクロマトグラフィーを用いたコハク酸の測定方法 / p67 (0076.jp2)
  74. 5.2.5.L-Δ¹-ピロリン-5-カルボン酸(P5C)の検出方法 / p68 (0077.jp2)
  75. 第3節 実験結果 / p68 (0077.jp2)
  76. 5.3.1.エチレン生成酵素の分子量 / p68 (0077.jp2)
  77. 5.3.2.基質特異性 / p70 (0079.jp2)
  78. 5.3.3.コファクターの特異性 / p70 (0079.jp2)
  79. 5.3.4.二価金属イオンの添加効果 / p72 (0081.jp2)
  80. 5.3.5.エチレン生成反応混液中の各成分の濃度依存性 / p72 (0081.jp2)
  81. 5.3.6.α-KG、L-アルギニン、Fe²⁺ に対するKm値、V max値 / p73 (0082.jp2)
  82. 5.3.7.等電点 / p75 (0084.jp2)
  83. 5.3.8.最適pH,pH安定性 / p75 (0084.jp2)
  84. 5.3.9.最適温度、温度安定性 / p75 (0084.jp2)
  85. 5.3.10.各種化合物の添加効果 / p76 (0085.jp2)
  86. 5.3.11.L-ヒスチジン、カタラーゼ、BSA、DTTの組合せ添加効果 / p77 (0086.jp2)
  87. 5.3.12.エチレン生成反応における各種副生成物の検出、同定 / p78 (0087.jp2)
  88. 5.3.13.Ps.syringae pv.phaseolicola PK2 とP.digitatum IFO 9372のエチレン生成酵素の免疫化学的比較 / p80 (0089.jp2)
  89. 5.3.14.エチレン生成酵素のN-末端アミノ酸配列とアミノ酸組成 / p86 (0095.jp2)
  90. 第4節 考察 / p87 (0096.jp2)
  91. 第5節 要約 / p92 (0101.jp2)
  92. 第6章 エチレン生成反応機構の解析 / p93 (0102.jp2)
  93. 第1節 緒言 / p93 (0102.jp2)
  94. 第2節 実験材料および方法 / p93 (0102.jp2)
  95. 6.2.1.使用酵素 / p93 (0102.jp2)
  96. 6.2.2.エチレン生成酵素の活性測定方法 / p93 (0102.jp2)
  97. 6.2.3.酵素法によるコハク酸の定量方法 / p94 (0103.jp2)
  98. 6.2.4.酵素法によるα-KGの測定方法 / p95 (0104.jp2)
  99. 6.2.5.反応終了液中のアルギニン、ヒスチジンの定量方法 / p96 (0105.jp2)
  100. 6.2.6.〔¹⁴C(U)〕-α-KGを用いるエチレン生成反応における生成¹⁴C₂H₄と¹⁴CO₂の測定方法 / p96 (0105.jp2)
  101. 6.2.7.エチレン生成反応における酸素消費の測定方法 / p98 (0107.jp2)
  102. 6.2.8.α-KGの各種アナログによる阻害形式の推定 / p99 (0108.jp2)
  103. 第3節 実験結果 / p99 (0108.jp2)
  104. 6.3.1.エチレン生成阻害剤、反応pH、二価金属イオンのコハク酸生成に及ぼす影響 / p99 (0108.jp2)
  105. 6.3.2.反応混液中の各種成分の経時変化 / p101 (0110.jp2)
  106. 6.3.3.¹⁴C₂H₄と¹⁴CO₂の生成比 / p102 (0111.jp2)
  107. 6.3.4.エチレン生成反応における酸素消費 / p102 (0111.jp2)
  108. 6.3.5.α-KGの各種アナログによる阻害形式 / p104 (0113.jp2)
  109. 6.3.6.エチレン生成酵素の触媒反応の化学量論式の構築 / p106 (0115.jp2)
  110. 第4節 考察 / p107 (0116.jp2)
  111. 第5節 要約 / p109 (0118.jp2)
  112. 第7章 結果の要約と考察 / p111 (0120.jp2)
  113. 第1節 要約 / p111 (0120.jp2)
  114. 第2節 考察 / p112 (0121.jp2)
  115. 参考文献 / p114 (0123.jp2)
  116. 謝辞 / p118 (0127.jp2)
  117. 本論文に関係のある報告 / p119 (0128.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086431
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000086645
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000250745
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ