ラットD-ガラクトサミン急性肝不全に対するアプロチニン投与効果と肝細胞障害に対するアプロチニンの抑制作用に関する研究 Protective Effect of Aprotinin in D-Galactosamine-Induced Rat Acute Liver Failure and in Hepatocyte Injury

この論文をさがす

著者

    • 中村, 利夫 ナカムラ, トシオ

書誌事項

タイトル

ラットD-ガラクトサミン急性肝不全に対するアプロチニン投与効果と肝細胞障害に対するアプロチニンの抑制作用に関する研究

タイトル別名

Protective Effect of Aprotinin in D-Galactosamine-Induced Rat Acute Liver Failure and in Hepatocyte Injury

著者名

中村, 利夫

著者別名

ナカムラ, トシオ

学位授与大学

広島大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第1031号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

従来,急性肝不全に対するプロテアーゼインヒビター投与の影響に関して多くの報告があるが,作用機序に関しては不明点が多い。今回,著者はin vivoにおいてD-ガラクトサミン投与により誘導された急性肝不全へのプロテアーゼインヒビター投与の影響を検討した。同時にその作用機序の解明のためにin vitroの実験系として,D-ガラクトサミン,四塩化炭素により細胞障害を引き起こした初代培養肝細胞を用いて,肝細胞障害に対するプロテアーゼインヒビターの影響も検討した。アプロチニン投与はD-ガラクトサミン投与により誘導されるラット急性肝不全の生存率,肝機能障害(血清総ビリルビン,血清アルブミン)を改善した(in vivo)。培地へのアプロチニン添加はD-ガラクトサミンを前投与したラットから分離,培養した肝細胞の肝細胞障害(生着細胞数の減少,培地中LDH活性の上昇)を抑制した(in vitro)。このアプロチニン添加による肝細胞障害への抑制作用は0.1μg/mlから認められ,1μg/mlでほぼ最大であった。他のプロテアーゼインヒビター(ウリナスタチン,メシル酸ガベキセート,メシル酸ナファモスタット)もほぼアプロチニンと同様な肝細胞障害抑制作用を示した。他の肝障害誘導物質である四塩化炭素を前投与したラットから分離,培養した肝細胞はD-ガラクトサミンの場合と同様に経時的に肝細胞障害を示し,アプロチニン添加はこの肝細胞障害も抑制した。このin vitroにおける実験結果はプロテアーゼインヒビターが凝固線溶系,循環系を介することなく,直接肝細胞に作用して肝細胞障害を改善させる可能性を示唆する。以上よりin vivoにおける急性肝不全へのプロテアーゼインヒビター投与効果の作用機序として,これまで報告されてきたdisseminated intravascular coagulation (DIC)を改善する機序以外に,直接肝細胞に作用し肝細胞障害を抑制する結果,急性肝不全を改善する可能性が考えられた。

In the present study, the effect of aprotinin administration on galactosamine-induced liver failure in rats was investgated in vivo. Furthermore, the effects of various protease inhibitors on cultured hepatocytes isolated from galactosamine or carbon tetrachloride-treated rats were investigated in vitro. Aprotinin administration improved significantly the survival rate and liver damage of the treated rats. Cultured hepatocytes from galactosamine-treated rats began to show galactosamine-induced injury after 18 h of culture, and the dose-dependent suppression of the injury was observed when aprotinin was added to the medium. Aprotinin demonstrated a similar protective effect against carbon tetrachloride-induced hepatocyte injury. The direct protective effect of the protease inhibitors against galactosamine or carbon tetrachloride-induced hepatocyte injury shown in the in vitro experiment suggests that in vivo the protease inhibitors may also act on hepatocytes directly to suppress the injury, although the effects on the circulation and/or blood coagulation can not be ruled out.

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086472
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000086686
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000250786
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ