アヒルB型肝炎ウイルス(DHBV)に対するグリチルリチンの抗ウイルス作用 : アヒル初代培養肝細胞における検討 Antiviral Effect of Glycyrrhizin on Duck Hepatitis B Virus : Effect in Duck Hepatocyte Primary Culture

この論文をさがす

著者

    • 田村, 徹 タムラ, トオル

書誌事項

タイトル

アヒルB型肝炎ウイルス(DHBV)に対するグリチルリチンの抗ウイルス作用 : アヒル初代培養肝細胞における検討

タイトル別名

Antiviral Effect of Glycyrrhizin on Duck Hepatitis B Virus : Effect in Duck Hepatocyte Primary Culture

著者名

田村, 徹

著者別名

タムラ, トオル

学位授与大学

広島大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第1042号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

B型肝炎ウイルス(HBV)に対する薬剤の抗ウイルス作用についての解析は, HBVと同じくヘパドナウイルス科に属するアヒルB型肝炎ウイルス(DHBV)とその宿主であるアヒルを用いた感染実験系を主に使用して行われている。アヒル初代培養肝細胞におけるDHBV感染実験系は,ウイルスのライフサイクルであるウイルスの肝細胞への吸着侵入,肝細胞内でのウイルス合成,および培養液中へのウィルス放出が解析できるので,有用な実験系である。筆者は,DHBV-DNA probeを作製し,アヒル初代培養肝細胞におけるDHBVの感染実験を行い,グリチルリチン(GL)の抗ウイルス作用を検討した。GLは1.0mg/mlの濃度では肝細胞毒性を認めなかった。同濃度のGLを用いた実験にて,GLはDHBV接種開始時から添加するとウイルス増殖を抑制したが,接種終了時よりの添加ではウイルス増殖を抑制しなかった。またGLは肝細胞内の一定量DHBVあたりの放出DHBV量を抑制した。しかしGLにはDHBV粒子の不活性化作用はなかった。これらの結果より,GLは肝細胞毒性のない1.0mg/mlの濃度でDHBVに対して抗ウイルス作用を示し,このGLの抗ウイルス作用の機序としては,DHBVの肝細胞への吸着侵入と肝細胞からのウイルス放出の抑制が考えられ,肝細胞内でのDHBV増殖に対する抑制作用やDHBV粒子に対する直接的な不活性化作用によるものではないと考えられた。また,GLの50% inhibitory doseは0.46mg/mlであった。一方,GLは0.25mg/mlの低濃度ではDHBVに対する抗ウイルス作用はほとんど認められなかった。このことは,臨床でHBV感染症に投与されているGL量ではHBVに対するGLの抗ウイルス作用は軽微であることを示唆しており,GLのトランスアミナーゼ改善の機序として,この抗ウイルス作用は優位には働いていないと推測された。

The antiviral effect of glycyrrhizin (GL) on duck hepatitis B virus (DHBV) which belongs to the hapadna virus family as well as human hepatitis B virus (HBV) was studied in duck hepatocyte primary culture. The cultured duck hepatocytes were inoculated with DHBV for 24 hrs. On the ninth day after inoculation, DHBV-DNA in the hepatocytes and the medium were analyzed using DHBV-DNA probe.GL showed an antiviral effect on DHBV at a concentration of 1.0 mg/ml without cytotoxicity agaist the hepatocytes. The 50% inhibitory dose (ID50) of GL was 0.46 mg/ml. As for the mechanism of the antiviral effect of GL, the present results suggested that GL has inhibitory effects on the absorption, penetration and release of virus particles, but does not inhibit virus replication in the hepatocytes nor directly inactivate the virus particles.The antiviral effect of GL on DHBV proved to be weak at a concentration of 0.25 mg/ml. This result leads to the conclusion that the anti-HBV effect of GL is very weak or negligible at the serum concentration of GL (<0.04 mg/ml), which has been usual clinical dose in patients with hepatitis.

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086483
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000086697
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000250797
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ