海馬機能における中隔-海馬アセチルコリン神経系の役割に関する電気生理学的研究

この論文をさがす

著者

    • 三浦, 義記 ミウラ, ヨシキ

書誌事項

タイトル

海馬機能における中隔-海馬アセチルコリン神経系の役割に関する電気生理学的研究

著者名

三浦, 義記

著者別名

ミウラ, ヨシキ

学位授与大学

広島大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第2203号

学位授与年月日

1991-12-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0006.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0008.jp2)
  3. 第1編 ラット海馬律動波に対する内側中隔核内ドーパミンならびにノルアドレナリン注入の影響 / p11 (0013.jp2)
  4. 緒言 / p13 (0014.jp2)
  5. 1.実験方法 / p14 (0015.jp2)
  6. 2.実験成績 / p17 (0016.jp2)
  7. 3.考察 / p24 (0020.jp2)
  8. 小括 / p27 (0021.jp2)
  9. 第2編 ラット海馬集合電位の長期増強(LTP)現象に対するフィゾスチグミンとスコポラミンの作用 / p29 (0022.jp2)
  10. 第1章 ウレタン麻酔ラットの海馬LTP現象に対する作用 / p31 (0023.jp2)
  11. 緒言 / p31 (0023.jp2)
  12. 1.実験方法 / p32 (0024.jp2)
  13. 2.実験成績 / p36 (0026.jp2)
  14. 3.考察 / p39 (0027.jp2)
  15. 第2章 摘出海馬スライス標本におけるLTP現象に対する作用 / p41 (0028.jp2)
  16. 緒言 / p41 (0028.jp2)
  17. 1.実験方法 / p41 (0028.jp2)
  18. 2.実験成績 / p45 (0030.jp2)
  19. 3.考察 / p48 (0032.jp2)
  20. 小括 / p50 (0033.jp2)
  21. 第3編 高用量のフィソスチグミンで誘発されたラット海馬集合電位のLTP様変化と介在性GABA抑制神経の関与 / p51 (0033.jp2)
  22. 緒言 / p53 (0034.jp2)
  23. 1.実験方法 / p54 (0035.jp2)
  24. 2.実験成績 / p56 (0036.jp2)
  25. 3.考察 / p63 (0039.jp2)
  26. 小括 / p68 (0042.jp2)
  27. 結語 / p69 (0042.jp2)
  28. 謝辞 / p70 (0043.jp2)
  29. 論文目録 / p71 (0043.jp2)
  30. 引用文献 / p74 (0045.jp2)
  31. Effects of Intraseptally Injected Dopamine and Noradrenaline on Hippocampal Synchronized Theta Wave Activity in Rats / p471 (0051.jp2)
  32. Effects of physostigmine and scopolamine on long-term potentiation of hippocampal population spikes in rats / p1010 (0059.jp2)
  33. Physostigmine induces in rats a phenomenon resembling long-term potentiation / p351 (0064.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086527
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000086741
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000250841
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ