両生類甲状腺刺激ホルモンの単離およびその性質

この論文をさがす

著者

    • 酒井, 誠 サカイ, マコト

書誌事項

タイトル

両生類甲状腺刺激ホルモンの単離およびその性質

著者名

酒井, 誠

著者別名

サカイ, マコト

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第913号

学位授与年月日

1992-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p2 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論-本研究の目的と意義- / p5 (0006.jp2)
  3. 第2章 ウシガエル下垂体前葉の糖タンパク質ホルモン産生細胞 / p9 (0010.jp2)
  4. 2-1 材料と方法 / p11 (0012.jp2)
  5. 2-2 結果 / p12 (0013.jp2)
  6. 2-3 考察 / p13 (0014.jp2)
  7. 第3章 ウシガエル甲状腺刺激物質の活性を評価するためのバイオアッセイ系の確立 / p20 (0021.jp2)
  8. 3-1 材料と方法 / p23 (0024.jp2)
  9. 3-2 結果 / p24 (0025.jp2)
  10. 3-3 考察 / p25 (0026.jp2)
  11. 第4章 合成甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)のTSH放出能の検討 / p32 (0033.jp2)
  12. 4-1 材料と方法 / p35 (0036.jp2)
  13. 4-2 結果 / p39 (0040.jp2)
  14. 4-3 考察 / p41 (0042.jp2)
  15. 第5章 両生類下垂体前葉各種ホルモンの甲状腺刺激能 / p49 (0050.jp2)
  16. 5-1 材料と方法 / p51 (0052.jp2)
  17. 5-2 結果 / p54 (0055.jp2)
  18. 5-3 考察 / p56 (0057.jp2)
  19. 第6章 ウシガエル甲状腺刺激ホルモン(TSH)の精製 I.生殖腺刺激ホルモンの除去 / p65 (0066.jp2)
  20. 6-1 材料と方法 / p69 (0070.jp2)
  21. 6-2 結果 / p76 (0077.jp2)
  22. 6-3 考察 / p80 (0081.jp2)
  23. 第7章 ウシガエル甲状腺刺激ホルモン(TSH)の精製 II.ウシガエル生殖腺刺激ホルモンのα鎖に対する抗体カラムを用いた精製 / p93 (0094.jp2)
  24. 7-1 材料と方法 / p96 (0097.jp2)
  25. 7-2 結果 / p103 (0104.jp2)
  26. 7-3 考察 / p105 (0106.jp2)
  27. 第8章 ウシガエル甲状腺刺激ホルモン(TSH)の精製 III.ヒドロキシアパタイトカラムを用いたウシガエルTSHの精製とそのサブユニットの一次構造の解析 / p116 (0117.jp2)
  28. 8-1 材料と方法 / p118 (0119.jp2)
  29. 8-2 結果 / p122 (0123.jp2)
  30. 8-3 考察 / p123 (0124.jp2)
  31. 第9章 ウシガエルTSHと共に挙動するホスホリパーゼA2様タンパク質 / p131 (0132.jp2)
  32. 9-1 材料と方法 / p133 (0134.jp2)
  33. 9-2 結果 / p134 (0135.jp2)
  34. 9-3 考察 / p137 (0138.jp2)
  35. 第10章 本論文の要約と今後の展望 / p144 (0145.jp2)
  36. 参考文献 / p155 (0156.jp2)
  37. 謝辞 / p167 (0169.jp2)
  38. 履歴書 / (0170.jp2)
  39. 研究業績 / (0171.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086608
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000086822
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000250922
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ