スパイラル流を用いた通線メカニズムに関する研究 supairaruryu o mochiita tsusen mekanizumu ni kansuru kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 程, 暁明 チョン, シァオミン

書誌事項

タイトル

スパイラル流を用いた通線メカニズムに関する研究

タイトル別名

supairaruryu o mochiita tsusen mekanizumu ni kansuru kenkyu

著者名

程, 暁明

著者別名

チョン, シァオミン

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第918号

学位授与年月日

1992-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0010.jp2)
  3. 第2章 旋回流及圧気通線に関する既往研究 / p3 (0012.jp2)
  4. 2.1.はじめに / p3 (0012.jp2)
  5. 2.2.流体制御と旋回流 / p4 (0013.jp2)
  6. 2.3.スパイラル流の生成と流れの可視化 / p6 (0015.jp2)
  7. 2.4.スパイラル流の速度分布・乱れ度の測定実験 / p9 (0018.jp2)
  8. 2.5.スパイラル流の特性 / p10 (0019.jp2)
  9. 2.6.スパイラル流の工業的利用 / p12 (0021.jp2)
  10. 2.7.通線と圧気通線 / p14 (0023.jp2)
  11. 2.8.おわりに / p17 (0026.jp2)
  12. 参考文献 / p18 (0027.jp2)
  13. 図表説明 / p19 (0028.jp2)
  14. 図版 / (0029.jp2)
  15. 第3章 スパイラルノズル内の流れに関する実験 / p20 (0045.jp2)
  16. 3.1.はじめに / p20 (0045.jp2)
  17. 3.2.スパイラルノズルの開発 / p21 (0046.jp2)
  18. 3.3.実験装置及び方法 / p22 (0047.jp2)
  19. 3.4.ノズル内の流れパターンの計測実験 / p24 (0049.jp2)
  20. 3.5.旋回流の発生要素の計測実験 / p28 (0053.jp2)
  21. 3.6.おわりに / p32 (0057.jp2)
  22. 参考文献 / p33 (0058.jp2)
  23. 図表説明 / p34 (0059.jp2)
  24. 図版 / (0060.jp2)
  25. 第4章 スパイラル流の発生メカニズムの解析 / p35 (0073.jp2)
  26. 4.1.はじめに / p35 (0073.jp2)
  27. 4.2.スパイラル流発生メカニズムの考察 / p36 (0074.jp2)
  28. 4.3.理論解析 / p38 (0076.jp2)
  29. 4.4.おわりに / p45 (0083.jp2)
  30. 参考文献 / p46 (0084.jp2)
  31. 図表説明 / p47 (0085.jp2)
  32. 図版 / (0086.jp2)
  33. 第5章 スパイラル流による通線に関する実験 / p48 (0088.jp2)
  34. 5.1.はじめに / p48 (0088.jp2)
  35. 5.2.スパイラル流通線装置の開発経緯 / p49 (0089.jp2)
  36. 5.3.送通実験 / p50 (0090.jp2)
  37. 5.4.流れパターンとコードの挙動に関する実験 / p53 (0093.jp2)
  38. 5.5.搬送力の計測実験 / p55 (0095.jp2)
  39. 5.6.おわりに / p59 (0099.jp2)
  40. 参考文献 / p60 (0100.jp2)
  41. 図表説明 / p61 (0101.jp2)
  42. 図版 / (0102.jp2)
  43. 第6章 スパイラル流通線メカニズムの解析 / p62 (0116.jp2)
  44. 6.1.はじめに / p62 (0116.jp2)
  45. 6.2.スパイラル流によるコードの位置決めメカニズムの解析 / p63 (0117.jp2)
  46. 6.3.スパイラル流におけるコードの安定性メカニズムの解析 / p70 (0124.jp2)
  47. 6.4.スパイラル流によるコードの搬送メカニズムの解析 / p75 (0129.jp2)
  48. 6.5.おわりに / p80 (0134.jp2)
  49. 参考文献 / p81 (0135.jp2)
  50. 図表説明 / p82 (0136.jp2)
  51. 図版 / (0137.jp2)
  52. 第7章 結論 / p83 (0143.jp2)
  53. 謝辞 / (0146.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086613
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000086827
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000250927
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ