幕藩制国家の琉球支配 bakuhansei kokka no ryukyu shihai

この論文をさがす

著者

    • 紙屋, 敦之, 1946- カミヤ, ノブユキ

書誌事項

タイトル

幕藩制国家の琉球支配

タイトル別名

bakuhansei kokka no ryukyu shihai

著者名

紙屋, 敦之, 1946-

著者別名

カミヤ, ノブユキ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

文学博士

学位授与番号

乙第839号

学位授与年月日

1991-06-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 序章 琉球支配の研究 / p9 (0007.jp2)
  2. 第一部 東アジア世界と幕藩制国家 / p17 (0011.jp2)
  3. 第一章 琉球支配と幕藩体制 / p18 (0012.jp2)
  4. はじめに / p18 (0012.jp2)
  5. 第一節 琉球支配への動き / p19 (0012.jp2)
  6. 1 島津氏の課題 / p19 (0012.jp2)
  7. 2 豊臣政権の対琉球政策 / p20 (0013.jp2)
  8. 第二節 江戸幕府の対明政策と琉球 / p23 (0014.jp2)
  9. 1 大島侵略の計画 / p23 (0014.jp2)
  10. 2 琉球支配の成立 / p25 (0015.jp2)
  11. 3 対明政策の展開と失敗 / p27 (0016.jp2)
  12. 第三節 鎖国の成立と琉球支配 / p29 (0017.jp2)
  13. 1 琉球王国の「自立」化 / p29 (0017.jp2)
  14. 2 中国貿易維持の模索 / p32 (0019.jp2)
  15. 3 琉球の幕藩制的領有の確定 / p34 (0020.jp2)
  16. おわりに / p39 (0022.jp2)
  17. 第二章 日本近世の統一と韃靼 / p46 (0026.jp2)
  18. はじめに / p46 (0026.jp2)
  19. 第一節 加藤清正のオランカイ侵入 / p47 (0026.jp2)
  20. 第二節 日本のオランカイ認識 / p54 (0030.jp2)
  21. 第三節 女真族の脅威 / p60 (0033.jp2)
  22. 第四節 統一政権の蝦夷地支配 / p65 (0035.jp2)
  23. おわりに / p70 (0038.jp2)
  24. 第三章 幕藩制国家の成立と東アジア / p76 (0041.jp2)
  25. はじめに / p76 (0041.jp2)
  26. 第一節 日本の統一政権と女真族 / p78 (0042.jp2)
  27. 1 加藤清正のオランカイ侵入 / p78 (0042.jp2)
  28. 2 女真族に対する警戒 / p81 (0043.jp2)
  29. 第二節 江戸幕府の鎖国と後金国の台頭 / p84 (0045.jp2)
  30. 1 後金国をめぐる東アジアの緊張 / p84 (0045.jp2)
  31. 2 江戸幕府の鎖国 / p88 (0047.jp2)
  32. 第三節 明清交替と日本の対応 / p94 (0050.jp2)
  33. 1 南明政権との関係追求 / p94 (0050.jp2)
  34. 2 琉清関係の容認 / p95 (0050.jp2)
  35. おわりに / p96 (0051.jp2)
  36. 第二部 日本の鎖国と琉球支配 / p105 (0055.jp2)
  37. 第一章 亀井琉球守考-豊臣政権の琉球支配- / p106 (0056.jp2)
  38. はじめに / p106 (0056.jp2)
  39. 第一節 亀井「琉球守」の創出 / p107 (0056.jp2)
  40. 1 亀井「琉球守」宛の文書 / p107 (0056.jp2)
  41. 2 亀井「琉球守」の意図 / p112 (0059.jp2)
  42. 第二節 島津氏の琉球支配 / p118 (0062.jp2)
  43. 1 琉球の「与力」編成 / p118 (0062.jp2)
  44. 2 七島の支配 / p125 (0065.jp2)
  45. おわりに / p130 (0068.jp2)
  46. 第二章 島津氏の琉球侵略と権力編成 / p136 (0071.jp2)
  47. はじめに / p136 (0071.jp2)
  48. 第一節 琉球侵略をめぐる権力内部の対立 / p137 (0071.jp2)
  49. 第二節 琉球侵略の動機と目的 / p143 (0074.jp2)
  50. 第三節 島津氏の権力編成と琉球支配 / p154 (0080.jp2)
  51. おわりに / p166 (0086.jp2)
  52. 第三章 琉球国司考-鎖国制下の琉球支配- / p177 (0091.jp2)
  53. はじめに / p177 (0091.jp2)
  54. 第一節「嘉吉附庸」説 / p178 (0092.jp2)
  55. 1 琉球の幕藩制社会への編入 / p178 (0092.jp2)
  56. 2 琉明関係の正常化 / p184 (0095.jp2)
  57. 3「嘉吉附庸」説の成立 / p188 (0097.jp2)
  58. 第二節「琉球国司」号 / p192 (0099.jp2)
  59. 1 国司号の成立 / p192 (0099.jp2)
  60. 2 国司号の意図 / p195 (0100.jp2)
  61. 3 中山王号の復活 / p198 (0102.jp2)
  62. おわりに / p201 (0103.jp2)
  63. 第三部 明清交替と琉球支配 / p209 (0107.jp2)
  64. 第一章 七島郡司考-日琉関係の隠蔽- / p210 (0108.jp2)
  65. はじめに / p210 (0108.jp2)
  66. 第一節 明の滅亡と日本・琉球 / p211 (0108.jp2)
  67. 1 江戸幕府の明侵略計画 / p211 (0108.jp2)
  68. 2 琉清関係の成立 / p218 (0112.jp2)
  69. 第二節 日琉関係の隠蔽 / p223 (0114.jp2)
  70. 1 韃靼の脅威 / p223 (0114.jp2)
  71. 2 吐喝喇国の創出 / p228 (0117.jp2)
  72. おわりに / p236 (0121.jp2)
  73. 第二章 幕藩体制下における琉球の位置-幕・薩・琉三者の権力関係- / p242 (0124.jp2)
  74. はじめに / p242 (0124.jp2)
  75. 第一節 琉球使節に関する通説の問題点 / p243 (0124.jp2)
  76. 第二節 幕藩権力と琉球使節の位置 / p244 (0125.jp2)
  77. 1 宝永以前の琉球使節 / p244 (0125.jp2)
  78. 2 宝永度の改革 / p249 (0127.jp2)
  79. 3 幕・薩・琉間の新局面 / p252 (0129.jp2)
  80. 第三節 琉球の「独自の王国」の偽装 / p256 (0131.jp2)
  81. 1 日琉関係の隠蔽 / p256 (0131.jp2)
  82. 2 進貢と「王権」の維持 / p262 (0134.jp2)
  83. おわりに / p264 (0135.jp2)
  84. 補論 琉球使節の最後に関する考察 / p269 (0137.jp2)
  85. はじめに / p269 (0137.jp2)
  86. 第一節 江戸上りの計画と延期 / p270 (0138.jp2)
  87. 第二節 江戸上り延期の理由 / p281 (0143.jp2)
  88. おわりに / p287 (0146.jp2)
  89. 終章 対明政策と琉球支配-異国から「異国」ヘ- / p291 (0148.jp2)
  90. はじめに / p291 (0148.jp2)
  91. 第一節 中世日本と古琉球の関係 / p293 (0149.jp2)
  92. 1 中世日本からみた古琉球 / p293 (0149.jp2)
  93. 2 島津氏の琉球支配の策動 / p295 (0150.jp2)
  94. 第二節 対明政策と琉球支配 / p301 (0153.jp2)
  95. 1 豊臣秀吉の朝鮮侵略と琉球支配 / p301 (0153.jp2)
  96. 2 江戸幕府の鎖国と琉球支配 / p304 (0155.jp2)
  97. 第三節 明清交替と琉球支配 / p312 (0159.jp2)
  98. 1 明の滅亡と日本・琉球の対応 / p312 (0159.jp2)
  99. 2 日琉関係の隠蔽 / p315 (0160.jp2)
  100. おわりに / p318 (0162.jp2)
  101. あとがき / p327 (0166.jp2)
  102. 索引 / p340 (0173.jp2)
3アクセス

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086621
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000979065
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000250935
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ