音響を用いたパイプラインモニタに関する研究

この論文をさがす

著者

    • 小山, 弘 コヤマ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

音響を用いたパイプラインモニタに関する研究

著者名

小山, 弘

著者別名

コヤマ, ヒロシ

学位授与大学

法政大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第27号

学位授与年月日

1992-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第一章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1-1 パイプライン内の故障検出技術の現状 / p1 (0005.jp2)
  4. 1-2 音響を用いたパイプラインモニタ / p2 (0006.jp2)
  5. 第二章 パイプライン内の音響伝搬 / p6 (0008.jp2)
  6. 2-1 変数と定数 / p6 (0008.jp2)
  7. 2-2 パイプラインの仮定 / p9 (0009.jp2)
  8. 2-3 管内の音響波の伝搬モデル / p9 (0009.jp2)
  9. 2-4 物質輸送状態での管内の音響波の伝搬モデル / p12 (0011.jp2)
  10. 2-5 リーク部分の音響波の伝搬 / p14 (0012.jp2)
  11. 2-6 管の途中に音源が存在する場合の音圧分布 / p14 (0012.jp2)
  12. 第三章 両端検出方式によるリークの場所と程度の推定 / p17 (0013.jp2)
  13. 3-1 両端検出方式によるリークの場所と程度の推定方法 / p17 (0013.jp2)
  14. 3-2 実験用パイプラインにおける実験 / p20 (0015.jp2)
  15. 3-3 むすび / p31 (0020.jp2)
  16. 第四章 両端検出方式による詰まりの場所と程度の推定 / p32 (0021.jp2)
  17. 4-1 両端検出方式による詰まりの場所と程度の推定方法 / p32 (0021.jp2)
  18. 4-2 短距離パイプラインにおけるシミュレーションと実験結果 / p35 (0022.jp2)
  19. 4-3 むすび / p49 (0029.jp2)
  20. 第五章 片端検出方式による管内の状態推定 / p50 (0030.jp2)
  21. 5-1 片端検出方式による管内の状態推定方法 / p50 (0030.jp2)
  22. 5-2 実験用パイプラインにおける実験結果 / p54 (0032.jp2)
  23. 5-3 フィールドテスト / p66 (0038.jp2)
  24. 5-4 むすび / p73 (0041.jp2)
  25. 第六章 ピンホール音検出方式によるピンホール場所の推定 / p75 (0042.jp2)
  26. 6-1 ピンホール音検出方式によるピンホール場所の推定方法 / p75 (0042.jp2)
  27. 6-2 実験用パイプラインにおける実験結果 / p79 (0044.jp2)
  28. 6-3 フィールドテスト / p90 (0050.jp2)
  29. 6-4 むすび / p97 (0053.jp2)
  30. 第七章 結論 / p99 (0054.jp2)
  31. 7-1 本論文で示した3方式の特徴 / p99 (0054.jp2)
  32. 7-2 実用化に対する諸問題 / p100 (0055.jp2)
  33. 参考文献一覧 / p104 (0057.jp2)
  34. 発表論文一覧 / p106 (0058.jp2)
  35. 謝辞 / p110 (0060.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086676
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000086890
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000250990
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ