近世交通制度の研究

この論文をさがす

著者

    • 渡辺, 和敏, 1946- ワタナベ, カズトシ

書誌事項

タイトル

近世交通制度の研究

著者名

渡辺, 和敏, 1946-

著者別名

ワタナベ, カズトシ

学位授与大学

法政大学

取得学位

文学博士

学位授与番号

乙第58号

学位授与年月日

1992-03-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p6 (0006.jp2)
  2. 序 / p1 (0003.jp2)
  3. 第一部 陸上交通と水運 / p1 (0012.jp2)
  4. 第一章 東海道と諸施設 / p2 (0013.jp2)
  5. 第一節 近世交通制度の系譜 / p2 (0013.jp2)
  6. 第二節 街道の立地条件と諸施設 / p5 (0014.jp2)
  7. 第三節 宿の諸様相 / p12 (0018.jp2)
  8. 第四節 交通量 / p17 (0020.jp2)
  9. 第二章 陸上交通における交通手段の特質 / p25 (0024.jp2)
  10. 第一節 五街道の交通手段 / p25 (0024.jp2)
  11. 第二節 大都市と車輛交通 / p32 (0028.jp2)
  12. イ 牛車 / p32 (0028.jp2)
  13. ロ 大八車・べか車とその規制 / p40 (0032.jp2)
  14. 第三節 東海道への車輛導入 / p46 (0035.jp2)
  15. イ 小規模宿の問題点 / p46 (0035.jp2)
  16. ロ 車輛の導入 / p49 (0036.jp2)
  17. 第四節 車輛の波及 / p53 (0038.jp2)
  18. 第三章 全国市場の形成と下田・浦賀番所 / p59 (0041.jp2)
  19. 第一節 初期海運と下田番所の成立 / p59 (0041.jp2)
  20. 第二節 東西海運の展開への対応 / p65 (0044.jp2)
  21. 第三節 浦賀への番所移転 / p72 (0048.jp2)
  22. 第四章 文政・天保期における今切湊の改修計面 / p81 (0052.jp2)
  23. 第一節 今切湊の変遷 / p81 (0052.jp2)
  24. 第二節 湊口の改修計画 / p87 (0055.jp2)
  25. 第三節 幕府への訴願運動 / p92 (0058.jp2)
  26. イ 道中奉行への訴願 / p92 (0058.jp2)
  27. ロ 勘定奉行への訴願 / p95 (0059.jp2)
  28. 第四節 改修計画の挫折と訴願経費 / p105 (0064.jp2)
  29. 第五章 相模川水運と荒川番所 / p112 (0068.jp2)
  30. 第一節 相模川水運の展開 / p112 (0068.jp2)
  31. 第二節 荒川番所の成立 / p117 (0070.jp2)
  32. 第三節 荒川番所の機能 / p120 (0072.jp2)
  33. 第四節 領主規制の後退と番所廃止 / p126 (0075.jp2)
  34. 第六章 浜名湖舟運の展開 / p134 (0079.jp2)
  35. 第一節 浜名湖舟運の規制 / p134 (0079.jp2)
  36. 第二節 脇道利用と浜名湖舟運の公認 / p139 (0081.jp2)
  37. 第七章 東海道浜松~舞坂宿間の運河計画 / p147 (0085.jp2)
  38. 第一節 浜松~舞坂宿間の運河開鑿計画 / p147 (0085.jp2)
  39. 第二節 通船計画の延期とその実現 / p151 (0087.jp2)
  40. 第二部 東海道新居宿の機構 / p157 (0090.jp2)
  41. 第一章 交通政策の展開と新居宿移転 / p158 (0091.jp2)
  42. 第一節 宿の設定 / p158 (0091.jp2)
  43. 第二節 大坂の役前後の交通政策 / p164 (0094.jp2)
  44. 第三節 領主的交通量の増大とその対応 / p169 (0096.jp2)
  45. 第四節 宿駅制の展開と矛盾 / p175 (0099.jp2)
  46. 第五節 新居宿の移転 / p180 (0102.jp2)
  47. イ 第一次移転と吉田藩領への編入 / p180 (0102.jp2)
  48. ロ 第二次移転とその後の影響 / p183 (0103.jp2)
  49. 第二章 宿役人 / p196 (0110.jp2)
  50. 第一節 承応元年~明暦三年の出入 / p196 (0110.jp2)
  51. 第二節 宿役人とその下役 / p203 (0113.jp2)
  52. イ 問屋と問屋場詰役人 / p203 (0113.jp2)
  53. ロ 問屋不正事件と年寄の設置 / p208 (0116.jp2)
  54. ハ 地方・町方系の役人 / p214 (0119.jp2)
  55. 第三節 宿村役人の就任儀式と格式 / p220 (0122.jp2)
  56. イ 就任手続きと藩主への応接 / p220 (0122.jp2)
  57. ロ 村役人と宿役人の名順・席順 / p224 (0124.jp2)
  58. 第三章 人馬継立 / p229 (0126.jp2)
  59. 第一節 宿継と伝馬役 / p229 (0126.jp2)
  60. 第二節 新居宿の伝馬役負担方法 / p234 (0129.jp2)
  61. 第三節 助郷制の確立 / p240 (0132.jp2)
  62. 第四節 助郷役の変質 / p247 (0135.jp2)
  63. 第四章 今切渡船 / p259 (0141.jp2)
  64. 第一節 渡船路とその保全 / p259 (0141.jp2)
  65. 第二節 新居宿の船数と渡船運営 / p265 (0144.jp2)
  66. 第三節 寄せ船制度 / p274 (0149.jp2)
  67. 第五章 休泊施設 / p285 (0154.jp2)
  68. 第一節 休泊施設の成立過程 / p285 (0154.jp2)
  69. イ 御殿 / p285 (0154.jp2)
  70. ロ 休泊形態の変容 / p288 (0156.jp2)
  71. 第二節 本陣 / p291 (0157.jp2)
  72. イ 三本陣の機構 / p291 (0157.jp2)
  73. ロ 財政的特質と宿内での立場 / p295 (0159.jp2)
  74. 第三節 旅籠屋 / p299 (0161.jp2)
  75. イ 一般旅籠屋と御用宿 / p299 (0161.jp2)
  76. ロ 紀伊国屋の旅籠経営 / p303 (0163.jp2)
  77. ハ 食売女の認可 / p306 (0165.jp2)
  78. 第四節 本陣・旅籠屋間の論争と張札事件 / p309 (0166.jp2)
  79. 第六章 宿財政 / p320 (0172.jp2)
  80. 第一節 前期における宿財政 / p320 (0172.jp2)
  81. イ 人馬・渡船賃 / p320 (0172.jp2)
  82. ロ 舞坂・新居宿の拝借金 / p323 (0173.jp2)
  83. 第二節 享和三年~文化四年における宿財政とその問題点 / p328 (0176.jp2)
  84. イ 宿財政の問題点 / p328 (0176.jp2)
  85. ロ 享和三年~文化四年の宿財政帳簿 / p333 (0178.jp2)
  86. ハ 文化初年の宿財政の特質 / p339 (0181.jp2)
  87. ニ 宿財政報告書の見直し / p343 (0183.jp2)
  88. 第三節 幕末期における橋本村の加宿財政 / p349 (0186.jp2)
  89. イ 橋本村の人馬負担 / p349 (0186.jp2)
  90. ロ 加宿の代助合 / p354 (0189.jp2)
  91. ハ 安政四年~六年の加宿財政 / p359 (0191.jp2)
  92. ニ 維新期前後の宿・加宿関係 / p366 (0195.jp2)
  93. 第七章 新居宿住民の動態と中期以降における町方情勢 / p373 (0198.jp2)
  94. 第一節 職業分布 / p373 (0198.jp2)
  95. 第二節 住民の動態 / p380 (0202.jp2)
  96. 第三節 宝暦・天明期の町方情勢 / p386 (0205.jp2)
  97. 第四節 天保の打ちこわしと飢饉 / p392 (0208.jp2)
  98. 第五節 幕末期の諸相 / p400 (0212.jp2)
  99. 第六節 札降りから参宮・乱舞へ / p409 (0216.jp2)
  100. 第八章 幕末・維新期の交通政策と新居宿 / p418 (0221.jp2)
  101. 第一節 幕末期の交通政策 / p418 (0221.jp2)
  102. 第二節 行政機関の変革 / p425 (0224.jp2)
  103. 第三節 肋郷改革と新居宿の付属助郷決定経過 / p429 (0226.jp2)
  104. 第四節 宿駅・助郷制の廃止 / p440 (0232.jp2)
  105. 第三部 江戸幕府の関所政策 / p445 (0234.jp2)
  106. 第一章 関所研究の問題点 / p446 (0235.jp2)
  107. 第一節 信長・秀吉の関所政策 / p446 (0235.jp2)
  108. 第二節 近世関所の諸形態 / p449 (0236.jp2)
  109. 第二章 関所配備網にみる「関東御要害」体制 / p459 (0241.jp2)
  110. 第一節 東海道箱根関所の成立と機能 / p459 (0241.jp2)
  111. イ 江戸の防衛 / p459 (0241.jp2)
  112. ロ 関所制度の成立と整備 / p461 (0242.jp2)
  113. ハ 箱根関所の構成 / p467 (0245.jp2)
  114. ニ 箱根関所の機能 / p472 (0248.jp2)
  115. 第二節 甲州道中小仏関所とその周辺 / p476 (0250.jp2)
  116. イ 小仏関所の成立と機能 / p476 (0250.jp2)
  117. ロ 津久井地方の関所と番所 / p483 (0253.jp2)
  118. 第三節 中山道碓氷関所とその周辺 / p489 (0256.jp2)
  119. イ 碓氷関所と堂峯番所 / p489 (0256.jp2)
  120. ロ 十石街道・下仁田道の関所と地元民の通行 / p495 (0259.jp2)
  121. ハ 大戸・狩宿・大笹関所と関所付村 / p500 (0262.jp2)
  122. ニ 三国街道・会津街道の関所 / p506 (0265.jp2)
  123. 第四節 利限川・江戸川筋の関所 / p511 (0267.jp2)
  124. イ 元和二年の定船場法度 / p511 (0267.jp2)
  125. ロ 利根川・江戸川筋への関所配備 / p514 (0269.jp2)
  126. ハ 新郷・川俣関所の成立と機能 / p521 (0272.jp2)
  127. ニ 関所手形よりみた新郷・川俣関所 / p530 (0277.jp2)
  128. 第三章 東海道今切関所の成立と機能 / p543 (0283.jp2)
  129. 第一節 東海・信越等における関所配備網 / p543 (0283.jp2)
  130. 第二節 今切関所の創設 / p546 (0285.jp2)
  131. 第三節 関所の規模と管理・運営組織 / p551 (0287.jp2)
  132. 第四節 関所改めの大綱 / p566 (0295.jp2)
  133. 第五節 船改めと浜名湖舟運の特権 / p573 (0298.jp2)
  134. 第六節 関所制度の変質と廃止 / p581 (0302.jp2)
  135. 第四章 今切関所における海辺改め制度 / p588 (0306.jp2)
  136. 第一節 海辺改め制度の成立 / p588 (0306.jp2)
  137. 第二節 気賀関所の要害村制度 / p594 (0309.jp2)
  138. 第三節 海辺改め出発の準備 / p601 (0312.jp2)
  139. 第四節 海辺改め村より提出する書類 / p606 (0315.jp2)
  140. 第五節 新居・舞坂宿等の特殊事情 / p612 (0318.jp2)
  141. あとがき / p623 (0323.jp2)
  142. 索引 / p1 (0336.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086680
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000979083
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000250994
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ