液体膜およびアフィニティ吸着によるL-イソロイシンの高度精製に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 竹永, 勇治 タケナガ, ユウジ

書誌事項

タイトル

液体膜およびアフィニティ吸着によるL-イソロイシンの高度精製に関する研究

著者名

竹永, 勇治

著者別名

タケナガ, ユウジ

学位授与大学

京都大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第7877号

学位授与年月日

1992-05-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1 はじめに / p1 (0007.jp2)
  5. 2 既往の研究 / p5 (0009.jp2)
  6. 2-1 L-イソロイシンの製法と分離・精製に関する既往の研究 / p5 (0009.jp2)
  7. 2-2 バルク液体膜と液体膜によるアミノ酸分離の既往の研究 / p7 (0010.jp2)
  8. 2-3 パイロジェン除去の既往の研究 / p13 (0013.jp2)
  9. 3 本研究の目的と内容 / p17 (0015.jp2)
  10. 第1編 バルク液体膜によるL-イソロイシンの分離法 / (0016.jp2)
  11. 第1章 一般型のバルク液体膜装置によるL-イソロイシンの分離 / p19 (0017.jp2)
  12. 1-1 緒言 / p19 (0017.jp2)
  13. 1-2 実験装置および実験方法 / p19 (0017.jp2)
  14. 1-3 結果および考察 / p22 (0019.jp2)
  15. 1-4 結言 / p49 (0032.jp2)
  16. 使用記号 / p50 (0033.jp2)
  17. 第2章 気泡撹拌式バルク液体膜装置の開発 / p51 (0033.jp2)
  18. 2-1 緒言 / p51 (0033.jp2)
  19. 2-2 実験装置および実験方法 / p51 (0033.jp2)
  20. 2-3 結果および考察 / p56 (0036.jp2)
  21. 2-4 結言 / p63 (0039.jp2)
  22. 使用記号 / p65 (0040.jp2)
  23. 第3章 液膜溶液分散バルク液体膜装置の開発 / p66 (0041.jp2)
  24. 3-1 緒言 / p66 (0041.jp2)
  25. 3-2 実験装置および実験方法 / p66 (0041.jp2)
  26. 3-3 結果および考察 / p73 (0044.jp2)
  27. 3-4 結言 / p82 (0049.jp2)
  28. 使用記号 / p84 (0050.jp2)
  29. 第2編 固定化ヒスチジンによるパイロジェンの吸着除去法 / (0050.jp2)
  30. 第4章 固定化ヒスチジンのパイロジェン吸着特性と回分操作への適用 / p85 (0051.jp2)
  31. 4-1 緒言 / p85 (0051.jp2)
  32. 4-2 実験方法 / p86 (0052.jp2)
  33. 4-3 結果および考察 / p87 (0052.jp2)
  34. 4-4 結言 / p96 (0057.jp2)
  35. 第5章 固定化ヒスチジンのカラム吸着操作 / p97 (0057.jp2)
  36. 5-1 緒言 / p97 (0057.jp2)
  37. 5-2 実験方法 / p98 (0058.jp2)
  38. 5-3 結果および考察 / p99 (0058.jp2)
  39. 5-4 結言 / p112 (0065.jp2)
  40. 使用記号 / p114 (0066.jp2)
  41. 総括的結論 / p115 (0066.jp2)
  42. 発表論文 / p119 (0068.jp2)
  43. 謝辞 / p120 (0069.jp2)
  44. 引用文献 / p121 (0069.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086814
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087028
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000251128
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ