コンニャク葉枯病及び腐敗病の発生生態と防除に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 林, 宣夫 ハヤシ, ノブオ

書誌事項

タイトル

コンニャク葉枯病及び腐敗病の発生生態と防除に関する研究

著者名

林, 宣夫

著者別名

ハヤシ, ノブオ

学位授与大学

東京農工大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第21号

学位授与年月日

1992-03-17

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. I 緒言 / p6 (0008.jp2)
  3. II 研究史 / p8 (0010.jp2)
  4. III 腐敗病・葉枯病の発生実態 / p11 (0013.jp2)
  5. 1.発生実態 / p11 (0013.jp2)
  6. 2.薬剤防除状況 / p11 (0013.jp2)
  7. IV 葉枯病細菌の検出用選択培地 / p13 (0015.jp2)
  8. 1.材料および方法 / p13 (0015.jp2)
  9. 2.結果 / p16 (0018.jp2)
  10. 3.考察 / p20 (0022.jp2)
  11. V 葉枯病の発生生態 / p21 (0023.jp2)
  12. 1.病徴 / p21 (0023.jp2)
  13. 2.発病部位と感染経路 / p22 (0024.jp2)
  14. 3.病原細菌の罹病小葉残渣,球茎および土壌における生存 / p24 (0026.jp2)
  15. 4.病原細菌の第一次伝染源から小葉への到達経路 / p31 (0033.jp2)
  16. 5.二次伝染 / p37 (0039.jp2)
  17. VI 腐敗病の発生生態 / p45 (0047.jp2)
  18. 1.病徴 / p45 (0047.jp2)
  19. 2.小葉における感染経路 / p48 (0050.jp2)
  20. 3.種球伝染 / p51 (0053.jp2)
  21. 4.土壌伝染 / p61 (0063.jp2)
  22. 5.二次伝染 / p65 (0067.jp2)
  23. Ⅶ 耕種的条件と腐敗病・葉枯病の発生 / p70 (0072.jp2)
  24. 1.有機物施用と腐敗病葉枯病の発生 / p70 (0072.jp2)
  25. 2.三要素の施肥と腐敗病・葉枯病の発生 / p77 (0079.jp2)
  26. 3.土壌水分と腐敗病・葉枯病の発生 / p80 (0082.jp2)
  27. 4.マルチ栽培による腐敗病・葉枯病の発病抑制効果 / p83 (0085.jp2)
  28. 5.腐敗病・葉枯病の品種間発病差異 / p85 (0087.jp2)
  29. VI 薬剤防除 / p90 (0092.jp2)
  30. 1.腐敗病の種球伝染防止対策 / p90 (0092.jp2)
  31. 2.ストレプトマイシン耐性腐敗病菌の発生実態 / p97 (0099.jp2)
  32. 3.ストレプトマイシン耐性腐敗病菌と感性菌の競合 / p110 (0112.jp2)
  33. IX 腐敗病,葉枯病の総合防除 / p125 (0127.jp2)
  34. 1.試験方法 / p125 (0127.jp2)
  35. 2.結果 / p126 (0128.jp2)
  36. 3.考察 / p129 (0131.jp2)
  37. X 摘要 / p132 (0134.jp2)
  38. XI 引用文献 / p137 (0139.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086852
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087067
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000251166
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ