アルミニウムのメカニカルアロイングによる高強度化及び強化合金の機械的性質と加工性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 三浦, 恒正 ミウラ, ツネマサ

書誌事項

タイトル

アルミニウムのメカニカルアロイングによる高強度化及び強化合金の機械的性質と加工性に関する研究

著者名

三浦, 恒正

著者別名

ミウラ, ツネマサ

学位授与大学

東京農工大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第12号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景および目的 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 本論文の構成 / p8 (0011.jp2)
  5. 第2章 メカニカルアロイングによるアルミニウム合金(A1基MA合金)の作製 / p19 (0016.jp2)
  6. 2.1 緒言 / p19 (0016.jp2)
  7. 2.2 A1基MA合金の作製 / p19 (0016.jp2)
  8. 2.3 結言 / p36 (0025.jp2)
  9. 第3章 応力-ひずみ挙動と強化機構 / p38 (0026.jp2)
  10. 3.1 緒言 / p38 (0026.jp2)
  11. 3.2 供試材および実験方法 / p38 (0026.jp2)
  12. 3.3 実験結果および考察 / p44 (0029.jp2)
  13. 3.4 結言 / p92 (0053.jp2)
  14. 第4章 高温クリープ変形挙動 / p98 (0056.jp2)
  15. 4.1 緒言 / p98 (0056.jp2)
  16. 4.2 供試材および実験方法 / p98 (0056.jp2)
  17. 4.3 実験結果および考察 / p99 (0056.jp2)
  18. 4.4 結言 / p116 (0065.jp2)
  19. 第5章 疲労破壊挙動 / p118 (0066.jp2)
  20. 5.1 緒言 / p118 (0066.jp2)
  21. 5.2 供試材および実験方法 / p118 (0066.jp2)
  22. 5.3 実験結果および考察 / p120 (0067.jp2)
  23. 5.4 結言 / p143 (0078.jp2)
  24. 第6章 破壊様式と延性 / p145 (0079.jp2)
  25. 6.1 緒言 / p145 (0079.jp2)
  26. 6.2 供試材および実験方法 / p145 (0079.jp2)
  27. 6.3 実験結果および考察 / p146 (0080.jp2)
  28. 6.4 結言 / p171 (0092.jp2)
  29. 第7章 工具摩耗と切削抵抗からみた被削性 / p178 (0096.jp2)
  30. 7.1 緒言 / p178 (0096.jp2)
  31. 7.2 供試材および実験方法 / p178 (0096.jp2)
  32. 7.3 実験結果および考察 / p187 (0100.jp2)
  33. 7.4 結言 / p226 (0120.jp2)
  34. 第8章 総括 / p229 (0121.jp2)
  35. 8.1 A1基MA合金の作製 / p229 (0121.jp2)
  36. 8.2 応力-ひずみ挙動と強化機構 / p229 (0121.jp2)
  37. 8.3 高温クリープ変形挙動 / p230 (0122.jp2)
  38. 8.4 疲労破壊挙動 / p230 (0122.jp2)
  39. 8.5 破壊様式と延性 / p231 (0122.jp2)
  40. 8.6 工具摩耗と切削抵抗からみた被削性 / p231 (0122.jp2)
  41. 謝辞 / p233 (0123.jp2)
  42. Concluding Remarks / p234 (0124.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086863
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087078
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000251177
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ