識字運動の教育史的研究 : 1920-30年代の韓・日比較

この論文をさがす

著者

    • 魯, 在化 ノ, ジェホァ

書誌事項

タイトル

識字運動の教育史的研究 : 1920-30年代の韓・日比較

著者名

魯, 在化

著者別名

ノ, ジェホァ

学位授与大学

一橋大学

取得学位

社会学博士

学位授与番号

甲第27号

学位授与年月日

1992-06-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p3 (0004.jp2)
  2. 凡例 / p1 (0003.jp2)
  3. 序章:本研究の研究課題と方法 / p6 (0006.jp2)
  4. 第一章:日本帝国主義の言語教育政策 / p11 (0008.jp2)
  5. 第一節:近代日本教育の統治構造と支配原理 / p11 (0008.jp2)
  6. 1.政教一致原理 / p11 (0008.jp2)
  7. 2.教育の二重構造 / p15 (0010.jp2)
  8. 3.学校による日本社会の近代化 / p17 (0011.jp2)
  9. 4.同化主義―日本帝国主義の特性― / p20 (0013.jp2)
  10. 第二節:日本国内の国語教育政策 / p26 (0016.jp2)
  11. 1.「国語科」の成立過程 / p26 (0016.jp2)
  12. 2.国定国語教科書と標準政策 / p28 (0017.jp2)
  13. 3.標準語政策と方言の抵抗 / p41 (0023.jp2)
  14. 第三節:植民地朝鮮における日本語教育政策 / p46 (0026.jp2)
  15. 1.「韓国合併」前の日本語教育政策 / p47 (0026.jp2)
  16. 2.「韓国合併」後の日本語教育政策 / p64 (0035.jp2)
  17. 第二章:植民地朝鮮における朝鮮人グループの識字教育運動 / p106 (0056.jp2)
  18. 第一節:1920~30年代の朝鮮人の就学率・識字率とその性格 / p106 (0056.jp2)
  19. 1.1920~30年代の朝鮮人の就学率 / p106 (0056.jp2)
  20. 2.識字率とその性格 / p121 (0063.jp2)
  21. 第二節:植民地朝鮮における識字教育運動の背景とその性格 / p126 (0066.jp2)
  22. 1.1920~30年代における植民地朝鮮社会と朝鮮民族の意識成長 / p126 (0066.jp2)
  23. 2.日本帝国主義に対する教育抵抗と識字運動の台頭 / p137 (0071.jp2)
  24. 第三節:朝鮮語(ハングル)普及と識字運動の教育実践 / p153 (0079.jp2)
  25. 1.朝鮮日報社のハングル普及による識字運動 / p153 (0079.jp2)
  26. 2.東亜日報社のハングル普及による識字運動 / p164 (0085.jp2)
  27. 3.キリスト教団体のハングル普及運動 / p176 (0091.jp2)
  28. 4.朝鮮農民社の識字教育運動 / p193 (0099.jp2)
  29. 第三章:日本国内の民間の識字教育運動 / p214 (0110.jp2)
  30. 第一節:1920~30年代の日本人の就学率・識字率とその性格 / p214 (0110.jp2)
  31. 1.1930年代にいたる統計的概要 / p214 (0110.jp2)
  32. 2.識字率とその性格 / p217 (0111.jp2)
  33. 第二節:綴方教師の誕生と問題提起 / p221 (0113.jp2)
  34. 1.1920~30年代日本社会の構造変化と民衆意識の成長 / p221 (0113.jp2)
  35. 2.綴方教師の出現とその組織 / p225 (0115.jp2)
  36. 3.識字とその性格に関する認識と問題提起 / p250 (0128.jp2)
  37. 第三節:文章表現指導運動における「文化的文盲」と文盲克服の教育実践 / p254 (0130.jp2)
  38. 1.芦田恵之助の文章表現指導の教育実践 / p254 (0130.jp2)
  39. 2.小砂丘忠義の文章表現指導の教育実践 / p274 (0140.jp2)
  40. 3.北方性教育運動と識字教育の実践 / p282 (0144.jp2)
  41. 第四章:内外両識字運動グループそれぞれにおける韓日関係認識の発展 / p292 (0149.jp2)
  42. 第一節:朝鮮人グループ側の識字運動と韓日連帯の試み / p292 (0149.jp2)
  43. 1.朝鮮日報の場合 / p292 (0149.jp2)
  44. 2.東亜日報の場合 / p294 (0150.jp2)
  45. 3.キリスト教団体の場合 / p298 (0152.jp2)
  46. 4.朝鮮農民社の場合 / p299 (0152.jp2)
  47. 第二節:綴方教師グループに現れた朝鮮と日本関係認識 / p305 (0155.jp2)
  48. 1.芦田恵之助と恵雨会の場合 / p305 (0155.jp2)
  49. 2.小砂丘忠義の朝鮮認識 / p309 (0157.jp2)
  50. 3.千葉春雄の朝鮮における文集活動による日本語教育と朝鮮と日本の関係認識 / p318 (0162.jp2)
  51. 4.北方性綴方教師グループにみられる学級集団の「協同」組織と氏族・民衆解放のための連帯意識形成 / p328 (0167.jp2)
  52. 結語 / p333 (0169.jp2)
  53. あとがき及び謝辞 / p334 (0170.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086936
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087151
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000251250
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ