現代信用論の基本問題

この論文をさがす

著者

    • 山本, 孝則, 1948- ヤマモト, タカノリ

書誌事項

タイトル

現代信用論の基本問題

著者名

山本, 孝則, 1948-

著者別名

ヤマモト, タカノリ

学位授与大学

武蔵大学

取得学位

経済学博士

学位授与番号

乙第2号

学位授与年月日

1992-02-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p9 (0008.jp2)
  2. 序言 / p1 (0004.jp2)
  3. 前篇 信用論体系-『資本論』第3部第5篇の主題と構造- / p1 (0010.jp2)
  4. 第1章 信用論の基本問題-銀行主義批判としての第3部第5篇- / p3 (0011.jp2)
  5. 第1節 問題の所在と限定 / p5 (0012.jp2)
  6. 第2節 第28章「流通手段と資本」における銀行主義批判の範囲 / p10 (0015.jp2)
  7. A 第5篇の全体構成からみた第28章の位置 / p10 (0015.jp2)
  8. B トゥック,フラートン批判の検討 / p15 (0017.jp2)
  9. 第3節 第28章「流通手段と資本」から第30~32章「貨幣資本と現実資本」へ / p26 (0023.jp2)
  10. A 第28章と第30~32章とを媒介する第29章「銀行資本の諸成分」の課題 / p27 (0023.jp2)
  11. B「貨幣資本と現実資本」における経済学的諸範疇の「諸区別」と諸関連 / p30 (0025.jp2)
  12. 第4節 銀行主義批判の位置と意義 / p43 (0031.jp2)
  13. 第2章 第3部第5篇における第25,27章の位置-第5篇の理論構成をめぐって- / p49 (0034.jp2)
  14. 第1節 第5篇の構成をめぐる論争問題 / p51 (0035.jp2)
  15. 第2節 第25章の位置と課題 / p55 (0037.jp2)
  16. 第3節 第27章の性格と課題 / p68 (0044.jp2)
  17. 第4節 むすびに / p78 (0049.jp2)
  18. 第3章 第3部第5篇の主題と構造-近代的利子生み資本範疇,「信用。架空資本」,信用制度創造の根拠- / p85 (0052.jp2)
  19. 第1節 現行第5篇と第5篇草稿 / p87 (0053.jp2)
  20. 第2節 近代的利子生み資本の範疇規定から「信用。架空資本」論へ / p91 (0055.jp2)
  21. 第3節「信用。架空資本」論の主題とその展開 / p98 (0059.jp2)
  22. 第4節「信用。架空資本」論における第35章「貴金属と為替相場」の位置 / p108 (0064.jp2)
  23. 第5節 第5篇における第36章「先資本主義的なるもの」の意義 / p115 (0067.jp2)
  24. 第6節 むすびに / p119 (0069.jp2)
  25. 第4章 信用貨幣の基本形態とその本質 / p125 (0072.jp2)
  26. 第1節 信用貨幣論における対立と了解 / p127 (0073.jp2)
  27. 第2節 商業信用=商業貨幣と「本来の信用貨幣」:範疇的差異 / p132 (0076.jp2)
  28. 第3節「本来の信用貨幣」:信用制度の創造物 / p140 (0080.jp2)
  29. 第4節 兌換規定の意義:資本価値維持の制度的保証 / p149 (0084.jp2)
  30. 後篇 戦後国際通貨危機論-『資本論』第3部第5篇の射程と現代- / p159 (0089.jp2)
  31. 第5章「不換ドルの流通根拠」論争の課題と軌跡 / p161 (0090.jp2)
  32. 第1節 金・ドル交換停止が提起した問題 / p163 (0091.jp2)
  33. 第2節 論争の端緒:「IMF体制崩壊論」 / p168 (0094.jp2)
  34. 第3節 モネタール・システム視角の「流通根拠」論:国際協力説 / p179 (0099.jp2)
  35. 第4節 視角の転回 / p188 (0104.jp2)
  36. 第5節 クレジット・システム視角の「流通根拠」論 / p201 (0110.jp2)
  37. 第6節 信用論における世界貨幣金と「国際通貨」 / p216 (0118.jp2)
  38. 第6章 戦後国際通貨危機の二段階について-国際通貨=金融危機の現局面(87/88年)の性格規定と位置づけのために- / p229 (0124.jp2)
  39. 第1節 課題と問題の歴史的概観 / p231 (0125.jp2)
  40. 第2節 分析基準:世界貨幣金と国際通貨 / p235 (0127.jp2)
  41. 第3節 旧IMF協定下固定相場制段階におけるドル危機とドル防衛 / p243 (0131.jp2)
  42. 第4節 変動相場制段階におけるドル危機とドル防衛 / p252 (0136.jp2)
  43. 第5節 戦後国際通貨危機における87/88年危機の性格と歴史的位置 / p262 (0141.jp2)
  44. [参考資料]戦後国際通貨・金融年表 / p270 (0145.jp2)
  45. あとがき-掲載誌一覧- / p285 (0152.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000086939
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087154
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000251253
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ