放線菌の気菌糸誘導物質に関する生物有機化学的研究

この論文をさがす

著者

    • 夏目, 雅裕 ナツメ, マサヒロ

書誌事項

タイトル

放線菌の気菌糸誘導物質に関する生物有機化学的研究

著者名

夏目, 雅裕

著者別名

ナツメ, マサヒロ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第4007号

学位授与年月日

1991-08-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 本論 / p14 (0019.jp2)
  4. 第1部 Pamamycin群化合物の構造 / p14 (0019.jp2)
  5. 第1章 Pamamycin同族体の単離 / p14 (0019.jp2)
  6. 第2章 Pamamycin群化合物の平面構造 / p18 (0023.jp2)
  7. 第1節 Pamamycin分子を構成する2種類のフラグメントの構造決定 / p18 (0023.jp2)
  8. 1.Pamamycin混合物のLiAlH₄分解と分解物のGC-MS分析 / p18 (0023.jp2)
  9. 2.LiAlH₄分解物のbis-p-bromobenzoateへの誘導とその単離・構造決定 / p26 (0031.jp2)
  10. 第2節 Pamamycin同族体の平面構造 / p32 (0037.jp2)
  11. 第3章 Pamamycin群化合物の立体化学 / p34 (0039.jp2)
  12. 第1節 Pamamycin-607の絶対立体配置 / p34 (0039.jp2)
  13. 1.Nonactinの分解とその化学的誘導 / p34 (0039.jp2)
  14. 2.Pamamycin-607の分解とその化学的誘導 / p38 (0043.jp2)
  15. 3.Pamamycin-607の絶対立体配置 / p41 (0046.jp2)
  16. 第2節 Pamamycin-635AおよびBの立体配置 / p43 (0048.jp2)
  17. 1.相対立体配置 / p43 (0048.jp2)
  18. 2.絶対立体配置 / p47 (0052.jp2)
  19. 第3節 Pamamycin-649AおよびBの立体配置 / p52 (0057.jp2)
  20. 1.相対立体配置 / p52 (0057.jp2)
  21. 2.絶対立体配置 / p54 (0059.jp2)
  22. 第2部 Pamamycin群化合物の気菌糸誘導活性 / p57 (0062.jp2)
  23. 第1章 Pamamycin群化合物の気菌糸誘導活性 / p57 (0062.jp2)
  24. 第2章 Pamamycinの気菌糸形成誘導機構 / p62 (0067.jp2)
  25. 第1節 気菌糸形成におよぼすカルシウムイオンとEGTAの効果 / p62 (0067.jp2)
  26. 第2節 カルシウム情報伝達系阻害剤の気菌糸形成阻害作用 / p64 (0069.jp2)
  27. 第3節 Pamamycinの細胞内カルシウムイオン濃度に対する効果 / p67 (0072.jp2)
  28. 第3部 カルシウムイオンの気菌糸誘導活性 / p70 (0075.jp2)
  29. 第1章 カルシウムイオンとEGTAの作用性による放線菌の分類 / p70 (0075.jp2)
  30. 第2章 気菌糸形成に必要なカルシウムイオンの濃度 / p76 (0081.jp2)
  31. 第3章 その他の無機イオンの効果 / p79 (0084.jp2)
  32. 放線菌の気菌糸誘導機構の考察および結論 / p81 (0086.jp2)
  33. 実験の部 / p86 (0091.jp2)
  34. 参考文献 / p125 (0130.jp2)
  35. 謝辞 / p128 (0133.jp2)
  36. Arthrospore-inducing Substances from Acremonium chrysogenum Which Stimulate Cephalosporin C Production / p567 (0149.jp2)
  37. (-)-Mitorubrinic Acid,a Morphogenic Substance Inducing Chlamydospore-like Cells,and Its Related New Metabolite,(+)-Mitorubrinic Acid B,Isolated from Penicillium funiculosum / p2517 (0152.jp2)
  38. Chlamydospore-like Cell-inducing Substances of Fungi:Close Correlation between Chemical Reactivity with Methylamine and Biological Activity / p307 (0155.jp2)
  39. ISOLATION,PHYSICO-CHEMICAL PROPERTIES AND BIOLOGICAL ACTIVITY OF PAMAMYCIN-607,AN AERIAL MYCELIUM-INDUCING SUBSTANCE FROM STREPTOMYCES ALBONIGER / p1196 (0160.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000087297
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087513
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000251611
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ