X線回折によるシアン化カリウム結晶の構造相転移の研究

この論文をさがす

著者

    • 吉村, 幸雄 ヨシムラ, ユキオ

書誌事項

タイトル

X線回折によるシアン化カリウム結晶の構造相転移の研究

著者名

吉村, 幸雄

著者別名

ヨシムラ, ユキオ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第4012号

学位授与年月日

1991-08-27

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類:工学博士 (論文) 学位授与年月日:平成3年8月27日

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. §I 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. I-1.研究の背景と目的 / p1 (0005.jp2)
  4. I-2.構造相転移と理論的背景 / p3 (0006.jp2)
  5. I-3.高温相(立方晶相)の結晶構造 / p7 (0008.jp2)
  6. I-4.中間相I´の発見 / p8 (0009.jp2)
  7. I-5.分域構造 / p12 (0011.jp2)
  8. I-6.物性からの相転移の研究 / p14 (0012.jp2)
  9. §II X線回折実験 / p20 (0015.jp2)
  10. II-1.KCN単結晶の育成 / p20 (0015.jp2)
  11. II-2.低温X線回折実験装置 / p22 (0016.jp2)
  12. II-3.実験結果 / p29 (0019.jp2)
  13. §III 中間相I´の見直し / p42 (0029.jp2)
  14. III-1.三斜晶相 / p42 (0029.jp2)
  15. III-2.単斜晶相 / p50 (0034.jp2)
  16. III-3.共存領域 / p56 (0038.jp2)
  17. §IV 中間相I´の結晶構造解析 / p59 (0040.jp2)
  18. IV-1.単斜晶相 / p62 (0041.jp2)
  19. IV-2.三斜晶相 / p68 (0044.jp2)
  20. §V 考察と結論 / p74 (0047.jp2)
  21. V-1.構造相転移とCN⁻イオンの配向 / p74 (0047.jp2)
  22. V-2.相転移過程における格子変形 / p75 (0048.jp2)
  23. V-3.相転移と残留歪み / p78 (0049.jp2)
  24. V-4.中間相I´の発生の機構 / p82 (0051.jp2)
  25. V-5.中間相I´に共存する三斜晶相 / p85 (0053.jp2)
  26. V-6.他のシアン化アルカリの結晶相転移 / p86 (0053.jp2)
  27. §VI 結語 / p88 (0054.jp2)
  28. 謝辞 / p90 (0055.jp2)
  29. 参考文献 / p91 (0056.jp2)
  30. 発表論文 / p94 (0057.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000087302
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087518
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000251616
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ