ブタ大脳中のピリミジンヌクレオシド1リン酸キナーゼ

この論文をさがす

著者

    • 下古谷, 博司 シモフルヤ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

ブタ大脳中のピリミジンヌクレオシド1リン酸キナーゼ

著者名

下古谷, 博司

著者別名

シモフルヤ, ヒロシ

学位授与大学

豊橋技術科学大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第56号

学位授与年月日

1992-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 要旨 / (0003.jp2)
  2. 目次 / (0007.jp2)
  3. 1 序論 / p1 (0010.jp2)
  4. 参考文献 / p8 (0017.jp2)
  5. 2 酵素活性測定法全般 / p9 (0018.jp2)
  6. 2-1 アデニル酸キナーゼ活性測定法(ATP formation) / p12 (0021.jp2)
  7. 2-2 アデニル酸キナーゼ活性測定法(ADP formation) / p15 (0024.jp2)
  8. 2-3 ピリミジンヌクレオシド1リン酸キナーゼ活性測定法 / p18 (0027.jp2)
  9. 2-4 CTP生成活性測定法 / p21 (0030.jp2)
  10. 2-5 HPLCによるヌクレオチドの定量 / p24 (0033.jp2)
  11. 参考文献 / p28 (0037.jp2)
  12. 3 ヘキソキナーゼとグルコース6リン酸脱水素酵素を用いた簡便なヌクレオシド3リン酸の定量方法の開発 / p36 (0045.jp2)
  13. 3-1 蛍光光度法によるNADPH検量線の作成 / p40 (0049.jp2)
  14. 3-2 種々のヌクレオシド3リン酸を用いた時のNADPH生成量とヘキソキナーゼ量及び反応時間との関係 / p43 (0052.jp2)
  15. 3-3 各ヌクレオシド3リン酸の検量線の作成 / p48 (0057.jp2)
  16. 参考文献 / p52 (0061.jp2)
  17. 4 粗CMP-NANA合成酵素を用いたCTPの定量法 / p68 (0077.jp2)
  18. 4-1 CMP-NANA合成酵素の部分精製 / p70 (0079.jp2)
  19. 4-2 CDPからCTPを生成する酵素活性の部分精製 / p76 (0085.jp2)
  20. 4-3 CDPからCTPを生成する酵素活性の測定 / p80 (0089.jp2)
  21. 参考文献 / p84 (0093.jp2)
  22. 5 ブタ大脳ピリミジンヌクレオシド1リン酸キナーゼ / p93 (0102.jp2)
  23. 5-1 シトシンヌクレオチド間の濃度平衡維持反応を触媒する酵素タンパクの分離精製 / p96 (0105.jp2)
  24. 5-2 SDS-PAGEによる精製酵素の純度検定及び分子量の推定 / p112 (0121.jp2)
  25. 5-3 CDPからCTPを生成する酵素がピリミシンヌクレオシド1リン酸キナーゼであるかどうかの確認 / p125 (0134.jp2)
  26. 参考文献 / p129 (0138.jp2)
  27. 6 ピリミジンヌクレオシド1リン酸キナーゼ精製酵素標品の性質 / p158 (0167.jp2)
  28. 6-1 酵素連鎖反応系を用いて活性を測定し知り得た諸性質 / p161 (0170.jp2)
  29. 6-2 HPLCを用いて活性を測定し知り得た諸性質 / p168 (0177.jp2)
  30. 参考文献 / p182 (0191.jp2)
  31. 7 N末端アミノ酸配列 / p206 (0215.jp2)
  32. 参考文献 / p218 (0227.jp2)
  33. 8 ニワトリ赤血球由来ピリミジンヌクレオシド1リン酸キナーゼ / p257 (0266.jp2)
  34. 参考文献 / p263 (0272.jp2)
  35. 9 まとめ / p266 (0275.jp2)
  36. 謝辞 / p268 (0277.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000087354
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087570
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000251668
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ