高温超伝導体の薄膜化と特性評価

この論文をさがす

著者

    • 大久保, 雅隆 オオクボ, マサタカ

書誌事項

タイトル

高温超伝導体の薄膜化と特性評価

著者名

大久保, 雅隆

著者別名

オオクボ, マサタカ

学位授与大学

豊橋技術科学大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第27号

学位授与年月日

1992-03-11

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文要旨 / p1 (0003.jp2)
  2. 目次 / p5 (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0009.jp2)
  4. 1.1.本研究の背景と概要 / p1 (0009.jp2)
  5. 1.2.酸化物高温超伝導体の発見 / p4 (0011.jp2)
  6. 1.3.酸化物高温超伝導体の結晶構造 / p9 (0013.jp2)
  7. 1.4.酸化物高温超伝導体の性質 / p13 (0015.jp2)
  8. 1.5.酸化物高温超伝導薄膜 / p21 (0019.jp2)
  9. 1.6.ラザフォード後方散乱分光とイオンチャネリング / p27 (0022.jp2)
  10. 参考文献 / p31 (0024.jp2)
  11. 第2章 電子ビーム蒸着による[化学式]薄膜の作製 / p40 (0029.jp2)
  12. 2.1.はじめに / p40 (0029.jp2)
  13. 2.2.実験方法 / p41 (0029.jp2)
  14. 2.3.実験結果と議論 / p45 (0031.jp2)
  15. 2.4.まとめ / p56 (0037.jp2)
  16. 参考文献 / p57 (0037.jp2)
  17. 第3章 電子ビーム蒸着による[化学式]薄膜の作製 / p59 (0038.jp2)
  18. 3.1.はじめに / p59 (0038.jp2)
  19. 3.2.実験 / p60 (0039.jp2)
  20. 3.3.実験結果と議論 / p65 (0041.jp2)
  21. 3.4.まとめ / p78 (0048.jp2)
  22. 参考文献 / p79 (0048.jp2)
  23. 第4章 レーザー蒸着による[化学式]のヘテロエピタキシャル成長 / p81 (0049.jp2)
  24. 4.1.はじめに / p81 (0049.jp2)
  25. 4.2.レーザー蒸着の機構 / p84 (0051.jp2)
  26. 4.3.実験 / p87 (0052.jp2)
  27. 4.4.基板の結晶面と成長面の関係 / p96 (0057.jp2)
  28. 4.5.超伝導特性 / p103 (0060.jp2)
  29. 4.6.議論 / p107 (0062.jp2)
  30. 4.7.まとめ / p111 (0064.jp2)
  31. 参考文献 / p111 (0064.jp2)
  32. 第5章 ラザフォード後方散乱分光/イオンチャネリング、透過型電子顕微鏡を用いた[化学式]単結晶薄膜の分析 / p115 (0066.jp2)
  33. 5.1.はじめに / p115 (0066.jp2)
  34. 5.2.実験 / p117 (0067.jp2)
  35. 5.3.結果と議論 / p119 (0068.jp2)
  36. 5.4.まとめ / p133 (0075.jp2)
  37. 参考文献 / p133 (0075.jp2)
  38. 第6章 [化学式]薄膜の酸素量制御 / p136 (0077.jp2)
  39. 6.1.はじめに / p136 (0077.jp2)
  40. 6.2.実験 / p137 (0077.jp2)
  41. 6.3.実験結果 / p139 (0078.jp2)
  42. 6.4.議論 / p141 (0079.jp2)
  43. 6.5.まとめ / p145 (0081.jp2)
  44. 参考文献 / p146 (0082.jp2)
  45. 第7章 YBa₂Cu₃O₆₋₇薄膜の特性と格子ガスモデルによる酸素秩序 / p148 (0083.jp2)
  46. 7.1.はじめに / p148 (0083.jp2)
  47. 7.2.YBa₂Cu₃O₆₋₇薄膜の特性 / p150 (0084.jp2)
  48. 7.3.格子ガスモデルによる酸素秩序のモンテカルロ計算 / p156 (0087.jp2)
  49. 7.4.議論 / p168 (0093.jp2)
  50. 7.5.まとめ / p170 (0094.jp2)
  51. 参考文献 / p172 (0095.jp2)
  52. 第8章 総括 / p174 (0096.jp2)
  53. 参考文献 / p177 (0097.jp2)
  54. 謝辞 / p178 (0098.jp2)
  55. 付録 A1.ラザフォード後方散乱分光とイオンチャネリング / p179 (0098.jp2)
  56. A1.1.運動学的因子(Kinematic Factor) / p179 (0098.jp2)
  57. A1.2.散乱断面積(Scattering Cross Section) / p180 (0099.jp2)
  58. A1.3.阻止断面積(Stopping Cross Section) / p181 (0099.jp2)
  59. A1.4.エネルギーストラグリング(Energy straggling) / p183 (0100.jp2)
  60. A1.5.深さのスケール / p186 (0102.jp2)
  61. A1.6.イオンチャネリング / p189 (0103.jp2)
  62. A1.7.RBSスペクトルの解析法 / p195 (0106.jp2)
  63. 参考文献 / p200 (0109.jp2)
  64. 付録 A2.格子ガスモデルに基づくモンテカルロ計算のソースリスト / p202 (0110.jp2)
  65. 付録 A3.研究業績 / p219 (0118.jp2)
  66. A3.1.本研究に関する論文 / p219 (0118.jp2)
  67. A3.2.その他の論文 / p220 (0119.jp2)
  68. A3.3.口頭発表 / p221 (0119.jp2)
  69. 付録 A4.本論文で用いる略号 / p224 (0121.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000087363
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087579
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000251677
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ