ラグーンを持つ感潮河川の水理特性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 上原, 忠保 ウエハラ, タダヤス

書誌事項

タイトル

ラグーンを持つ感潮河川の水理特性に関する研究

著者名

上原, 忠保

著者別名

ウエハラ, タダヤス

学位授与大学

東洋大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第68号

学位授与年月日

1991-10-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p4 (0006.jp2)
  3. 第2章 ラグーンを持つ河口域の生物環境の動力学的課題 / p10 (0012.jp2)
  4. 2.1 七北田川河口域および蒲生ラグーンの概要 / p11 (0013.jp2)
  5. 2.2 河口域の生物環境に関する従来の研究と本研究の目的 / p20 (0022.jp2)
  6. 2.3 蒲生ラグーンおよび七北田川河口域に関する従来の動力学的研究 / p25 (0027.jp2)
  7. 2.4 河口域に関する内外の研究 / p29 (0031.jp2)
  8. 2.5 結論 / p35 (0037.jp2)
  9. 参考文献 / p37 (0039.jp2)
  10. 第3章 七北田川河口域および蒲生ラグーンの場のメカニズムの類型化 / p41 (0043.jp2)
  11. 3.1 七北田川河口域および蒲生ラグーンの場における水位、塩分、流速の観測 / p42 (0044.jp2)
  12. 3.2 七北田川河口域および仙台湾における場の支配諸量 / p51 (0053.jp2)
  13. 3.3 七北田川河口域の場の塩水侵入の形態 / p72 (0074.jp2)
  14. 3.4 七北田川河口域と蒲生ラグーンの場のメカニズムの類型化 / p96 (0098.jp2)
  15. 3.5 結論 / p99 (0101.jp2)
  16. 参考文献 / p99 (0101.jp2)
  17. 4章 蒲生ラグーンの水位変動の非線形解析 / p101 (0103.jp2)
  18. 4.1 はじめに / p102 (0104.jp2)
  19. 4.2 解析方法および解析結果 / p102 (0104.jp2)
  20. 4.3 結論 / p115 (0117.jp2)
  21. 参考文献 / p116 (0118.jp2)
  22. 第5章 二次元鉛直モデルによる塩水侵入の数値計算 / p117 (0119.jp2)
  23. 5.1 はじめに / p118 (0120.jp2)
  24. 5.2 計算方法および計算結果 / p118 (0120.jp2)
  25. 5.3 結論 / p136 (0138.jp2)
  26. 参考文献 / p138 (0140.jp2)
  27. 第6章 類型化されたメカニズムの動力学 / p139 (0141.jp2)
  28. 6.1 はじめに / p140 (0142.jp2)
  29. 6.2 洪水時(A型)の動力学 / p140 (0142.jp2)
  30. 6.3 平水、大潮時(B₁型)の動力学 / p151 (0153.jp2)
  31. 6.4 平水、小潮時(B₂型)の動力学 / p169 (0171.jp2)
  32. 6.5 河口閉塞気味時(C型)の動力学 / p175 (0177.jp2)
  33. 6.6 河口閉塞時(D型)の動力学 / p180 (0182.jp2)
  34. 6.7 高潮時(E型)の動力学 / p185 (0187.jp2)
  35. 6.8 強風時(F型)の動力学 / p191 (0193.jp2)
  36. 6.9 結論 / p196 (0198.jp2)
  37. 参考文献 / p199 (0201.jp2)
  38. 第7章 河口域および蒲生ラグーンの場のSSの挙動 / p201 (0203.jp2)
  39. 7.1 はじめに / p202 (0204.jp2)
  40. 7.2 七北田川河口域におけるSSの挙動 / p202 (0204.jp2)
  41. 7.3 蒲生ラグーンにおけるSSの挙動 / p204 (0206.jp2)
  42. 7.4 結論 / p223 (0225.jp2)
  43. 参考文献 / p224 (0226.jp2)
  44. 第8章 河口域および蒲生ラグーンの場の底質 / p226 (0228.jp2)
  45. 8.1 はじめに / p227 (0229.jp2)
  46. 8.2 七北田川河口域の地形と底質 / p227 (0229.jp2)
  47. 8.3 蒲生ラグーンの地形と底質 / p229 (0231.jp2)
  48. 8.4 結論 / p239 (0241.jp2)
  49. 参考文献 / p240 (0242.jp2)
  50. 第9章 河口域および蒲生ラグーンの場の動力学と生態系 / p241 (0243.jp2)
  51. 9.1 はじめに / p242 (0244.jp2)
  52. 9.2 七北田川河口域の動力学と生態系 / p242 (0244.jp2)
  53. 9.3 蒲生ラグーンの動力学と生態系 / p243 (0245.jp2)
  54. 9.4 結論 / p261 (0263.jp2)
  55. 参考文献 / p262 (0264.jp2)
  56. 第10章 結論 / p264 (0266.jp2)
  57. 10.1 七北田川河口域および蒲生ラグーンの場の動力学 / p265 (0267.jp2)
  58. 10.2 七北田川河口域および蒲生ラグーンの場の動力学と生態系 / p267 (0269.jp2)
  59. 10.3 改善策 / p270 (0272.jp2)
  60. 10.4 むすび / p270 (0272.jp2)
  61. 謝辞 / p271 (0273.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000087377
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087593
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000251691
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ