周波数選択性フェージング環境下における干渉波補償技術および通信方式に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大塚, 裕幸 オオツカ, ヒロユキ

書誌事項

タイトル

周波数選択性フェージング環境下における干渉波補償技術および通信方式に関する研究

著者名

大塚, 裕幸

著者別名

オオツカ, ヒロユキ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第4110号

学位授与年月日

1992-06-30

注記・抄録

博士論文

iv, 224p.

Hokkaido University (北海道大学). 博士(工学)

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的と論文の概要 / p10 (0010.jp2)
  5. 参考文献 / p19 (0014.jp2)
  6. 第2章 交差偏波干渉補償器の設計 / p21 (0015.jp2)
  7. 2.1 まえがき / p21 (0015.jp2)
  8. 2.2 トランスバーサル形XPICの構成と動作原理 / p22 (0016.jp2)
  9. 2.3 周波数選択性フェージングに対する改善効果算出法 / p24 (0017.jp2)
  10. 2.4 改善特性 / p26 (0018.jp2)
  11. 2.5 回線設計例 / p35 (0022.jp2)
  12. 2.6 トランスバーサルフィルタ用SAW遅延線 / p38 (0024.jp2)
  13. 2.7 むすび / p45 (0027.jp2)
  14. 参考文献 / p47 (0028.jp2)
  15. 第3章 周波数相関に対する交差偏波干渉補償器の特性 / p49 (0029.jp2)
  16. 3.1 まえがき / p49 (0029.jp2)
  17. 3.2 波形等化器併用時のXPICの動作原理 / p50 (0030.jp2)
  18. 3.3 改善効果算出法 / p53 (0031.jp2)
  19. 3.4 解析結果 / p58 (0034.jp2)
  20. 3.5 むすび / p71 (0040.jp2)
  21. 参考文献 / p72 (0041.jp2)
  22. 第4章 交差偏波干渉補償器の制御部構成 / p74 (0042.jp2)
  23. 4.1 まえがき / p74 (0042.jp2)
  24. 4.2 ディジタル形XPICの構成 / p75 (0042.jp2)
  25. 4.3 シフトビットセレクト(SBS)制御法 / p77 (0043.jp2)
  26. 4.4 SBS法の収束特性 / p85 (0047.jp2)
  27. 4.5 実験結果 / p90 (0050.jp2)
  28. 4.6 クロック非同期に対する構成 / p101 (0055.jp2)
  29. 4.7 搬送波周波数非同期に対するSBS法の効果 / p104 (0057.jp2)
  30. 4.8 識別範囲拡大法 / p110 (0060.jp2)
  31. 4.9 符号伝送実験 / p114 (0062.jp2)
  32. 4.10 むすび / p128 (0069.jp2)
  33. 参考文献 / p131 (0070.jp2)
  34. 第5章 判定帰還形交差偏波干渉補償器 / p134 (0072.jp2)
  35. 5.1 まえがき / p134 (0072.jp2)
  36. 5.2 判定帰還フィルタの構成およびXPICへの適用 / p135 (0072.jp2)
  37. 5.3 判定帰還形XPICの改善効果算出法 / p137 (0073.jp2)
  38. 5.4 汎用トランスバーサルフィルタLSI / p150 (0080.jp2)
  39. 5.5 むすび / p155 (0082.jp2)
  40. 参考文献 / p157 (0083.jp2)
  41. 第6章 隣接チャネル通過干渉補償技術 / p159 (0084.jp2)
  42. 6.1 まえがき / p159 (0084.jp2)
  43. 6.2 マルチキャリア伝送技術 / p160 (0085.jp2)
  44. 6.3 非再生中継における歪、干渉の相加特性 / p162 (0086.jp2)
  45. 6.4 隣接チャネル通過干渉 / p168 (0089.jp2)
  46. 6.5 BPFの設計及びトランスバーサル等化器の適用 / p173 (0091.jp2)
  47. 6.6 むすび / p175 (0092.jp2)
  48. 参考文献 / p178 (0094.jp2)
  49. 第7章 サブキャリア伝送技術 / p180 (0095.jp2)
  50. 7.1 まえがき / p180 (0095.jp2)
  51. 7.2 光SCM技術とその適用例 / p181 (0095.jp2)
  52. 7.3 256QAM信号のSCM伝送 / p186 (0098.jp2)
  53. 7.4 むすび / p202 (0106.jp2)
  54. 参考文献 / p207 (0108.jp2)
  55. 第8章 結論 / p210 (0110.jp2)
  56. 謝辞 / p213 (0111.jp2)
  57. 付録 / p214 (0112.jp2)
  58. 研究業績一覧 / p219 (0114.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000087412
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087628
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000251726
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ