放射線照射実験に使用するSPFマウスの腸管中におけるEnterobacter cloacaeの意義 Significance of Enterobacter cloacae in the intestine of SPF mice in radiation research

この論文をさがす

著者

    • 松本, 恒弥 マツモト, ツネヤ

書誌事項

タイトル

放射線照射実験に使用するSPFマウスの腸管中におけるEnterobacter cloacaeの意義

タイトル別名

Significance of Enterobacter cloacae in the intestine of SPF mice in radiation research

著者名

松本, 恒弥

著者別名

マツモト, ツネヤ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

獣医学博士

学位授与番号

乙第4122号

学位授与年月日

1992-06-30

注記・抄録

博士論文

71p.

Hokkaido University(北海道大学). 博士(獣医学)

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 放射線照射マウスにおけるEnterobacter cloacaeの疾患発現作用 / p3 (0005.jp2)
  4. 1. γ線全身照射によるEnterobacter cloacae汚染SPFマウスの早期死 / p3 (0005.jp2)
  5. はじめに / p3 (0005.jp2)
  6. 材料と方法 / p4 (0006.jp2)
  7. 成績 / p6 (0007.jp2)
  8. 考察 / p12 (0010.jp2)
  9. 2. 致死線量照射マウスの死亡パターンに対する低病原性腸内細菌の影響 / p15 (0011.jp2)
  10. はじめに / p15 (0011.jp2)
  11. 材料と方法 / p15 (0011.jp2)
  12. 成績 / p17 (0012.jp2)
  13. 考察 / p23 (0015.jp2)
  14. 第2章 腸内細菌およびPseudomonas aeruginosaの腸管内定着におよぼすEnterobacter cloacaeの影響 / p26 (0017.jp2)
  15. はじめに / p26 (0017.jp2)
  16. 材料及び方法 / p26 (0017.jp2)
  17. 成績 / p29 (0018.jp2)
  18. 考察 / p35 (0021.jp2)
  19. 第3章 腹部放射線照射による肺転移抑制現象とEnterobacter cloacae / p38 (0023.jp2)
  20. はじめに / p38 (0023.jp2)
  21. 材料と方法 / p38 (0023.jp2)
  22. 成績 / p41 (0024.jp2)
  23. 考察 / p51 (0029.jp2)
  24. 総括 / p54 (0031.jp2)
  25. 謝辞 / p57 (0032.jp2)
  26. 参考文献 / p58 (0033.jp2)
  27. 英文抄録 / p67 (0037.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000087424
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087640
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000251738
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ