海中構造物の後流域より発生する質量力に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 瀬戸, 雅文 セト, マサフミ

書誌事項

タイトル

海中構造物の後流域より発生する質量力に関する研究

著者名

瀬戸, 雅文

著者別名

セト, マサフミ

学位授与大学

東京水産大学

取得学位

水産学博士

学位授与番号

甲第18号

学位授与年月日

1991-10-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 流体力の理論的背景 / p4 (0008.jp2)
  4. 第1節 従来の理論の問題点 / p5 (0009.jp2)
  5. 1-1 Morisonの式による流体力の評価法 / p5 (0009.jp2)
  6. 1-2 Potential理論による流体力の評価法 / p8 (0012.jp2)
  7. 第2章 付着後流モデルの創造と流体力理論 / p10 (0014.jp2)
  8. 第3章 付着後流モデルの水理実験的検証法 / p15 (0019.jp2)
  9. 第1節 実験装置 / p16 (0020.jp2)
  10. 1-1 供試部材 / p16 (0020.jp2)
  11. 1-2 流速計および流体力測定装置 / p18 (0022.jp2)
  12. 1-3 実験水槽および計測・解析機器 / p21 (0025.jp2)
  13. 第2節 実験方法 / p26 (0030.jp2)
  14. 1-1 回流水槽における実験方法 / p26 (0030.jp2)
  15. 1-2 曳行水槽における実験方法 / p33 (0037.jp2)
  16. 第4章 後流域の変動特性 / p36 (0040.jp2)
  17. 第1節 定常流場における特性 / p37 (0041.jp2)
  18. 1-1 静止物体周辺で流体が定常運動する場合 / p37 (0041.jp2)
  19. 1-2 静止流体中を物体が定常運動する場合 / p50 (0054.jp2)
  20. 第2節 等加速度流場における特性 / p56 (0060.jp2)
  21. 1-1 静止物体周辺で流体が等加速度運動する場合 / p56 (0060.jp2)
  22. 1-2 静止流体中を物体が等加速度運動する場合 / p83 (0087.jp2)
  23. 第3節 後流域の特性総括 / p95 (0099.jp2)
  24. 第5章 平板部材に作用する流体力の変動特性 / p96 (0100.jp2)
  25. 第1節 定常流場における特性 / p97 (0101.jp2)
  26. 1-1 静止物体周辺で流体が定常運動する場合 / p97 (0101.jp2)
  27. 1-2 静止流体中を物体が定常運動する場合 / p100 (0104.jp2)
  28. 第2節 等加速度流場における特性 / p103 (0107.jp2)
  29. 1-1 静止物体周辺で流体が等加速度運動する場合 / p103 (0107.jp2)
  30. 1-2 静止流体中を物体が等加速度運動する場合 / p110 (0114.jp2)
  31. 第3節 質量力の特性総括 / p117 (0121.jp2)
  32. 第6章 付着後流モデルの適用 / p118 (0122.jp2)
  33. 第7章 総括および今後の展開 / p124 (0128.jp2)
  34. 謝辞 / p129 (0133.jp2)
  35. 参考文献 / p130 (0134.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000087718
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087935
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252032
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ