海中の濁りの藻場への影響に関する研究 : 海中懸濁粒子および堆積粒子の褐藻類の遊走子と配偶体への影響

この論文をさがす

著者

    • 荒川, 久幸 アラカワ, ヒサユキ

書誌事項

タイトル

海中の濁りの藻場への影響に関する研究 : 海中懸濁粒子および堆積粒子の褐藻類の遊走子と配偶体への影響

著者名

荒川, 久幸

著者別名

アラカワ, ヒサユキ

学位授与大学

東京水産大学

取得学位

水産学博士

学位授与番号

甲第19号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

東京水産大学博士学位論文 平成3年度(1991) 海洋生産学 課程博士 甲第19号

全文公表年月日: 2015-05-19

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第2章 観測方法および実験方法 / p4 (0009.jp2)
  4. 2-1. 現場観測 / p4 (0009.jp2)
  5. 2-2. 室内実験 / p7 (0012.jp2)
  6. 第3章 藻場荒廃海域の濁りの調査 / p22 (0026.jp2)
  7. 3-1. 那珂川河口域の懸濁粒子量 / p22 (0026.jp2)
  8. 3-2. 那珂湊海域の懸濁粒子濃度 / p29 (0033.jp2)
  9. 3-3. 那珂湊海域の濁りの経年変化 / p32 (0036.jp2)
  10. 第4章 遊走子の遊泳、沈降および着生への海中懸濁粒子の影響 / p35 (0039.jp2)
  11. 4-1. 海中懸濁粒子と遊走子の吸着 / p35 (0039.jp2)
  12. 4-2. 遊走子の遊泳距離への海中懸濁粒子の影響 / p42 (0046.jp2)
  13. 4-3. 遊走子液の沈降速度への海中懸濁粒子の影響 / p47 (0051.jp2)
  14. 4-4. 遊走子の基質着生への海中懸濁粒子の影響 / p53 (0057.jp2)
  15. 第5章 遊走子の着生と生長、生残および成熟への海底堆積粒子の影響 / p62 (0066.jp2)
  16. 5-1. 遊走子の基質着生への海底堆積粒子の影響 / p62 (0066.jp2)
  17. 5-2. 配偶体の生長への海底堆積粒子の影響 / p65 (0069.jp2)
  18. 5-3. 配偶体の生残への海底堆積粒子の影響 / p69 (0073.jp2)
  19. 5-4. 配偶体の成熟への海底堆積粒子の影響 / p73 (0077.jp2)
  20. 第6章 遊走子の拡散に関するシミュレーション / p76 (0080.jp2)
  21. 6-1. 遊走子の拡散の理論 / p76 (0080.jp2)
  22. 6-2. 遊走子の拡散のシミュレーション / p80 (0084.jp2)
  23. 第7章 総合考察 / p86 (0090.jp2)
  24. 7-1. 結論 / p86 (0090.jp2)
  25. 7-2. 藻場再生への提言 / p96 (0100.jp2)
  26. 謝辞 / p99 (0103.jp2)
  27. 文献 / p100 (0104.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000087719
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087936
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000252033
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ