台湾海峡における底曳網の網目選択機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 陳, 俊徳 チェン, チュントー

書誌事項

タイトル

台湾海峡における底曳網の網目選択機構に関する研究

著者名

陳, 俊徳

著者別名

チェン, チュントー

学位授与大学

東京水産大学

取得学位

水産学博士

学位授与番号

甲第20号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 博士論文内容の要旨 / (0005.jp2)
  2. 目次 / b1 / (0014.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0018.jp2)
  4. 1-1 台湾における底曳網漁業の概要 / p1 (0018.jp2)
  5. 1-2 底曳網の選択機構研究の必要性 / p5 (0022.jp2)
  6. 1-3 底曳網の選択機構に関する既往の研究 / p9 (0026.jp2)
  7. 1-4 本論文の概要 / p10 (0027.jp2)
  8. 第2章 台湾海峡における底魚資源の現状 / p13 (0030.jp2)
  9. 2-1 緒言 / p13 (0030.jp2)
  10. 2-2 材料と方法 / p13 (0030.jp2)
  11. 2-3 結果と考察 / p20 (0037.jp2)
  12. 2-4 結語 / p35 (0052.jp2)
  13. 第3章 台湾海峡における底曳網の菱目袋網の網目選択性実験 / p36 (0053.jp2)
  14. 3-1 緒言 / p36 (0053.jp2)
  15. 3-2 材料と方法 / p37 (0054.jp2)
  16. 3-3 結果と考察 / p41 (0058.jp2)
  17. 3-4 結語 / p83 (0100.jp2)
  18. 第4章 底曳網の角目袋網の網目選択性実験 / p84 (0101.jp2)
  19. 4-1 緒言 / p84 (0101.jp2)
  20. 4-2 屋外長水路での曳網模型による網目選択性実験 / p86 (0103.jp2)
  21. 4-3 台湾海峡の底曳網における菱目と角目袋網の網目選択性の比較操業実験 / p100 (0117.jp2)
  22. 4-4 結語 / p117 (0134.jp2)
  23. 第5章 複種魚種に対する角目袋網の有効性 / p118 (0135.jp2)
  24. 5-1 緒言 / p118 (0135.jp2)
  25. 5-2 最大体胴周を用いた複数魚種の網目選択性曲線の標準化 / p118 (0135.jp2)
  26. 5-3 複数魚種に対する角目袋網の適正目合の決定とその規制効果の試算 / p126 (0143.jp2)
  27. 5-4 結語 / p134 (0151.jp2)
  28. 第6章 台湾海峡の底曳網における魚群の網内からの脱出行動 / p135 (0152.jp2)
  29. 6-1 緒言 / p135 (0152.jp2)
  30. 6-2 材料と方法 / p136 (0153.jp2)
  31. 6-3 結果と考察 / p139 (0156.jp2)
  32. 6-4 結語 / p146 (0163.jp2)
  33. 第7章 総合考察と今後の研究課題 / p147 (0164.jp2)
  34. 7-1 網目選択性実験方法の検討 / p147 (0164.jp2)
  35. 7-2 分析方法の検討 / p148 (0165.jp2)
  36. 7-3 網目の網糸構造と曳網速度と時間,漁獲量が網目選択性に及ぼす影響選択性結果の実用性の検討 / p150 (0167.jp2)
  37. 7-4 網目を抜けた魚の生残について / p152 (0169.jp2)
  38. 7-5 今後の研究の方向と課題 / p153 (0170.jp2)
  39. 要約 / p156 (0173.jp2)
  40. 謝辞 / p159 (0176.jp2)
  41. 文献 / p160 (0177.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000087720
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087937
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252034
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ