磁気センサを用いた電子コンパスに関する研究

この論文をさがす

著者

    • 宮本, 佳則 ミヤモト, ヨシノリ

書誌事項

タイトル

磁気センサを用いた電子コンパスに関する研究

著者名

宮本, 佳則

著者別名

ミヤモト, ヨシノリ

学位授与大学

東京水産大学

取得学位

水産学博士

学位授与番号

甲第23号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

東京水産大学博士学位論文 平成3年度(1991) 海洋生産学 課程博士甲第23号

全文公表年月日: 2015-05-19

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0008.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.2 自差および傾船差の概説 / p2 (0009.jp2)
  5. 1.3 在来型の磁気コンパ又の問題点 / p3 (0010.jp2)
  6. 1.4 電子コンパスの現状 / p4 (0011.jp2)
  7. 1.5 本論文の目的 / p5 (0012.jp2)
  8. 第2章 ポアッソン係数による自差および傾船差の理論 / p6 (0013.jp2)
  9. 2.1 概要 / p6 (0013.jp2)
  10. 2.2 船内磁界とポアッソン係数 / p6 (0013.jp2)
  11. 2.3 ポアッソン係数と自差係数 / p9 (0016.jp2)
  12. 2.4 ポアッソン係数と傾船差係数 / p9 (0016.jp2)
  13. 2.5 磁気緯度の変化が与える影響 / p12 (0019.jp2)
  14. 第3章 ポアッソン方程式を用いた自差補正 / p13 (0020.jp2)
  15. 3.1 概要 / p13 (0020.jp2)
  16. 3.2 測定される船内磁界 / p13 (0020.jp2)
  17. 3.3 ポアッソン係数の計算方法 / p15 (0022.jp2)
  18. 3.4 ポアッソン補正による船首磁気方位の計算 / p17 (0024.jp2)
  19. 第4章 ポアッソン係数を用いたシミュレーション / (0026.jp2)
  20. 4.1 地磁気が変化しない場合の船内磁界 / p19 (0026.jp2)
  21. 4.2 地磁気が変化した場合 / p31 (0038.jp2)
  22. 4.3 ポアッソン補正と自差補正の比較 / p34 (0041.jp2)
  23. 第5章 電子コンパスの機器構成 / (0044.jp2)
  24. 5.1 電子コンパスの構成概要 / p37 (0044.jp2)
  25. 5.2 3軸磁気センサ / p37 (0044.jp2)
  26. 5.3. 2軸傾斜計 / p44 (0051.jp2)
  27. 5.4 電子コンパスのシステム / p44 (0051.jp2)
  28. 第6章 実験の結果と考察 / p49 (0056.jp2)
  29. 6.1 既知磁気によるポアッソン係数の確認 / p49 (0056.jp2)
  30. 6.2 実船実験 / p53 (0060.jp2)
  31. 6.3 考察 / p60 (0067.jp2)
  32. 第7章 結論 / p65 (0072.jp2)
  33. 謝辞 / p68 (0075.jp2)
  34. 引用文献 / p69 (0076.jp2)
  35. 付録 プログラム / p70 (0077.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000087723
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087940
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000252037
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ