フランス18世紀の歌唱装飾の研究 : 解釈と実践

この論文をさがす

著者

    • 新, 久美 アラタ, クミ

書誌事項

タイトル

フランス18世紀の歌唱装飾の研究 : 解釈と実践

著者名

新, 久美

著者別名

アラタ, クミ

学位授与大学

東京芸術大学

取得学位

音楽博士

学位授与番号

甲第46号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p2 (0003.jp2)
  2. 凡例 / p3 (0004.jp2)
  3. 序 / p4 (0005.jp2)
  4. 第1章 17世紀イタリアの装飾法を扱った教本 / p9 (0010.jp2)
  5. 第1節 カッチーニの『Le nuove musiche 新音楽』 / p10 (0011.jp2)
  6. 第2節 ベルンハルトの『Von der Singe-kunst oder Manier歌唱法または装飾法について』 / p23 (0024.jp2)
  7. 第2章 17世紀フランスの装飾法を扱った教本 / p33 (0034.jp2)
  8. 第1節 メルセンヌの『Harmonie universelle 音楽汎論』 / p34 (0035.jp2)
  9. 第2節 ミレの『La belle méthode ou l'art de bien chanter 歌唱法』 / p46 (0047.jp2)
  10. 第3節 バシイの『Remarques curieuses sur l'art de bien chanter 歌唱法に関する入念な考察』 / p58 (0059.jp2)
  11. 第4節 ルソーの『Méthode claire,certaine et facile,pour apprendre a chanter la musique 歌唱教則本』 / p73 (0074.jp2)
  12. 第3章 18世紀フランスの装飾法を扱った教本 / p84 (0085.jp2)
  13. 第1節 ヴィルヌーヴの『Nouvelle méthode très courte et très facile pour apprendre la musique et les agréments du chant 音楽と歌唱装飾法の非常に短くわかりやすい新メトード』 / p85 (0086.jp2)
  14. 第2節 モンテクレールの『Principes de musique音楽の原理』 / p92 (0093.jp2)
  15. 第3節 ベラールの『L'Art du Chant歌唱法』 / p110 (0111.jp2)
  16. 第4節 ラモーの『Code de musique pratique,ou méthodes pour apprendre la musique実践的楽典または音楽学習法』 / p119 (0120.jp2)
  17. 第5節 ルヴェーク&ベーシュの『Solfèges d'Italieイタリア式ソルフェージュ』 / p124 (0125.jp2)
  18. 第4章 18世紀フランスの装飾法についての考察 / p131 (0132.jp2)
  19. 結語 / p162 (0177.jp2)
  20. 付録 「フランス18世紀の歌唱装飾の研究」により導かれた装飾解釈の一例とその実践 / p166 (0181.jp2)
  21. 文献表 / p192 (0207.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000087752
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000087969
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000252066
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ